毎日忙しい看護師は、なかなか満足に睡眠時間が取れていない方も少なくありません。

忙しい看護師が、ぐっすり眠れるようになるにはどうすれば良いのか、下記で詳しく見ていきましょう。

睡眠不足は仕事のパフォーマンスに大きく影響してしまう

睡眠不足は仕事のパフォーマンスに大きく影響してしまう

しっかり睡眠が取れないと、仕事のパフォーマンスにも大きく影響します。

頭がぼーっとしたりして、仕事に集中できず、最悪の場合は医療事故を起こしてしまう可能性もあります。

やはり、忙しい看護師もしっかり睡眠を取る必要があるでしょう。

看護師は寝づらい環境が整ってしまっている

ただし、看護師の場合は残念ながら寝づらい環境が整ってしまっているのです。

夜勤がある看護師は昼夜逆転してしまい、眩しい日光が降り注ぐ昼間に寝ないといけません。夜の違って昼間は静かではないので、寝づらいこともあるでしょう。

また、病棟にいる場合は仮眠がとれても、いつナースコールなどで起こされるかわからないので、浅い眠りしかできず、なかなかぐっすり眠ることができないと思います。

このように、看護師はなかなかゆっくり睡眠を取るのが難しい状況にあるのです。

ただし、そうはいっても仕事に影響を及ぼさないためにも、しっかり睡眠を取る必要があります。

そこで良質な睡眠を取るために、気をつけた方が良いことを下記であげていきたいと思います。

なるべく外からの光を避ける

特に昼間に寝なければいけないときは、なるべく外からの光を遮断することです。

厚めのカーテンなどを使って、外からの光を避けて、眠りやすい暗い空間を作るようにしましょう。

寝る前のカフェインなど刺激物を飲むのを避ける

コーヒーなどカフェインが入った飲み物を寝る前に飲むのは避けた方が良いでしょう。

脳に刺激や興奮を与えるものは、睡眠を妨げる原因にもなるので、なるべく飲まないようにすると良いでしょう。

寝る前のスマホ利用も避ける

スマホから発せられる強い光が、睡眠を妨げる原因にもなります。

良質な睡眠を得るためには、なるべく寝る前のスマホ利用は避けた方が良いでしょう。

仕事上がりの食事を控える

夜勤上がりなど仕事終わりはお腹が空くかもしれませんが、そこであまり胃に負担のかかる食事を取ってしまうと、なかなか寝れないことがあります。

ですので、仕事終わりの暴飲暴食は控えるようにした方がいいでしょう。お腹が空いても寝る前は食べ過ぎないように注意したいものです。

快適な枕に変えてみる

ひょっとしたら枕が合っていない場合もあります。

下記のページで紹介している枕は、良質な睡眠に効果があると言われる評判の枕です。

枕を変えるだけでも、睡眠の質が違うかもしれないので、ぜひチェックしてみると良いでしょう。

無理して寝ようとすると逆に寝れない

寝なきゃと思い、無理して寝ようとすると逆に寝れないことがあります。

あまり緊張やストレスを抱えるのではなく、ただ横になっているだけでも良いと思います。

寝なきゃいけない状況でもあまり焦らないようにすると良いでしょう。

普段目を酷使している方へ

また、仕事で普段目を酷使している方は、アイケアサプリメントを飲用すると、視界がすっきりクリアになる可能性もあります。

睡眠後の生活や仕事を快適に過ごすためにも、下記のページで紹介しているアイケアサプリメントにも注目してみると良いでしょう。

良い睡眠を得るためには、なるべくリラックスできる環境を作ること

枕でもそうですが、良い睡眠を得るためには、よりリラックスできる空間を作ることも大切です。

自分なりに、リラックスできる空間はどういうものか考えて実践してみると良いでしょう。