FXで失敗しても、基本的に借金することはありません。

しかし、なかにはFXをすることで、借金してしまうこともあります。

どのようなケースだとFXで借金をしてしまうのか、下記で詳しく見ていきたいと思います。

普通に取引していれば、FXで借金することはない

普通に取引していれば、FXで借金することはない

本来は、普通に取引していれば、FXで借金をすることはありません。

損失が出るとしても、あくまで資金の範囲内での損失となるはずです。

しかし、下記のようなケースになってくると、借金を背負ってしまうことがあります。

追証ありの場合

追証ありというのは、資金以上に大きく損失が生じたい場合に、その損失分も埋め合わせするようにFX会社から請求されることです。

こうなってくると、大きく損失を出した場合は、資金以上のお金を用意して、損失分に充てなくてはならなくなるので、借金してしまうこともあるのです。

ですから、FX会社を選ぶ際は、万が一のためにも追証なしの会社を選んだ方が良いでしょう。

しかし、国内のFX会社は追証ありがほとんどなので、取引量に十分注意しながら取引する必要があります。

海外のFX会社ならば、追証がないところも多い

もし、追証なしのFX会社を選ぶならば、海外のFX会社がおすすめです。

海外のFX会社ならば、追証がないところも多いのです。

海外というと危ないイメージがあるかもしれませんが、日本人トレーダーも多く利用していますし、日本語対応もされている会社も少なくないので、心配はいりません。

追証がなければ、資金以上に請求されることもないので、安心してFXができるでしょう。

追証がない海外のFX会社でトレードを始めたい方は、下記のページを参考にしてみると良いでしょう。

借金をしてFXをしている場合

また、もう一つのケースは、借金をしてFXをしている場合です。

借金をして資金を得てFXをするひともいます。

しかし、これは非常に危険です。

もし、FXがうまくいかなかった場合は、別の方法で借金を返済しなければいけなくなります。

借金をしてまでFXをすると、精神的にもかなり負荷がかかり、判断を鈍らせる原因にもなるので、おすすめしない方法です。

また、借金をしてしまうと、金利分も稼がなくてはならず、さらに難しいトレードになってしまいます。

ある程度精神的な余裕を持ち、取引を行うためには、余剰金でFXした方が良いでしょう。

最初は少額で取引するのが基本

上記以外のケースならば、FXでたとえ負けても借金をすることはないでしょう。

FXで稼ぐために大切なことは、最初は少額で取引を行うことです。

特に最初のうちは、勝てる取引方法も確立できていないと思うので、まずは少額で良いので取引を行い、勝てる手法を築き上げていくことが大事なのです。

少額で取引を行っていけば、たとえ相場が予想に反した動きをしても、大きな損失を出さずに済むはずです。

いつまでも持ちこたえようとせずに、損きりを行う

FXで相場が予想に反した動きをしても、いつか戻るだろうと、含み損を抱えたまま持ちこたえようとするときがありますが、流れがもどるとは言い切れません。

むしろそのままずるずるマイナスに動くことだって十分に考えられます。

なので、根拠もなく含み損を抱えたまま持ちこたえようとしないことです。

これ以上損失を大きくしないためにも、タイミングを見て損きりを行うことも大切なのです。

稼いでいる投資家の手法を学ぶことも大切

また、FXで稼ぐためにも、既に稼いでいる投資家の手法を学ぶことも大切です。

例えば、ライントレードを学ぶと、相場の予想も立てやすくなるでしょう。

何も学んでいないと、相場がどのように動くのか、予想も立てづらいと思います。

FXで稼ぐためにも、FXについてよく勉強することが大事なのです。

小さくコツコツ稼いでいく

FXは、やはり少額資金でトレードできることも、良さのひとつです。

ですから、借金してまでトレードするのではなく、まずは少額でコツコツ小さくトレードして、稼げるようになると良いでしょう。