FXで損きりしないで逃げ切る方法!

FXで損きりしない方法

FXでは、損きりをすることを推奨されています。なぜなら、損きりをすることで、最低限の支出で抑えられるからです。しかし、FXには損きりをしない方法もあります。どのような行為が、損きりをしないことになるのか、見ていきたいと思います。これまで、無駄に損きりをしていた人も、ぜひ参考にしてみてください。新たな切り口が見つかるかもしれません。

トントンかプラスになるまで、ひたすら待つ!

まず一つ目の損きりしない方法は、ひたすらプラスにチャートが動くまで待つ戦法です。これは、非常に簡単な損きりしない方法でしょう。損きりせずに、利益が出るまで動きを待つことです。FXのチャートは動きが激しいので、マイナスに動いても、すぐにプラスへ戻ることも考えられます。なので、少し待ってみることも一つの方法でしょう。ただし、危険なのは、そのまま逆に動き続けることです。こうなると、大きな損失を生む可能性もあるので、この辺は判断力が必要になるでしょう。なんでもかんでも待てば、勝てるわけではないのです。

ナンピンをしてポジションを修正して、損きりを防ぐ!

こちらが、損きりしない方法としてさらに有効です。それは、ナンピンをする方法です。ナンピンとは、マイナスに動いても、さらに買い増していく方法です。なので、例えばドル円で112円で買った時、さらにマイナスに動いたとします。そこで、110円になったときに、さらに買うのです。こうすると、平均で111円を保つことができます。何が言いたいかというと、最初は112円でポジションを持っていたところ、最終的に111円でポジションを持てるのです。なので、111円に来たら、トントンで、それ以上に動けば(たとえば112円の時)、プラスになっているのです。このように、ナンピンでは、これまでのポジションを動かし、さらに平均値を下げることができます。なので、必ずしもすぐに損きりせずとも、損失を防ぐことができるのです。

OL会社員がFXで本気稼ぎする副業FXでお金を稼ぐ

損きりしない方法 – まとめ

以上のように、FXで損きりしない方法をお伝えしてきました。注意してほしいのは、自分の思う通りに相場は動かないということです。なので、絶えず相場に注意を払う必要があります。孫きりしない方法を行う際は、自己責任でお願いします。うまくいけば、リスクを減らすことができますし、読みを間違えると大敗する恐れもあります。いずれにしろ、相場は誰にも読めないので、最新の注意と判断力で、FXに臨みましょう!