現在、薬剤師の方で仕事が辛いと感じている方も少なくないでしょう。今回は、薬剤師の仕事が辛いと思った時にどうすれば良いのか、詳しく見ていきたいと思います。

新人の薬剤師は特に仕事が辛い

薬剤師 - 新人時代の仕事の辛さ

猛勉強してようやく獲得した薬剤師の資格、憧れの薬剤師の仕事。薬剤師として働く前までは、夢や希望を抱いていたことでしょう。しかし、現実はそう甘くはないのです。

覚えることが多い!

新人の薬剤師ほど、薬剤師の仕事が辛いと感じるものです。まず、覚えることがありすぎる!薬局によっては数千以上の錠剤・薬を覚えなくてはいけません。いきなり、膨大な数の薬を覚えようとすると頭がパニックになります。

立ちっぱなしで疲れる!

薬剤師 - 立ち仕事

薬剤師は、あまり座ることができません。ほぼ立ちっぱなしで仕事をします。ですから、足腰が疲れるのです。若くても、緊張する環境の中で、立ちっぱなしの労働をするのは、ものすごく疲れる作業なのです。レジや調剤室を行き来しないといけず、何気にハードな仕事なのです。

意外と残業がある!

薬剤師は、残業がないと思っている方もいるかもしれませんが、意外と残業はあります。いや、残業は当たり前のようにあるのです。薬を求めに毎日多くの人が来ます。薬剤師は調剤するだけでなく、事務作業に追われる日々も多いのです。

横柄な患者さんがいる!

なぜか、態度が大きかったり、言葉遣いが荒い患者さんもいます。特に年配の方に多いような気がします。患者さんの心ない対応や薬剤師を舐めているような感じに、悲しい思いや悔しい思うをすることもあるでしょう。

人間関係が劣悪

上司が気分屋だったり、嫌がらせをしてくる人だったりすると、大変精神的に疲労します。タチの悪い上司がいると、労働環境は劣悪です。また、薬剤師は女性が多く、殺伐とした人間関係の薬局店もあったりします。そのような環境下で働くと、かなり精神的にも肉体的にも消耗するので、辛いと感じてしまうのです。

病院勤務の薬剤師の辛さ

薬剤師 - 病院勤務の辛さ

病院勤務の薬剤師の場合、医療チームの一員として、より専門的な医療に参加できる・やりがいを感じる、と思う方もいるかもしれません。しかし、病院勤務の薬剤師にも、それなりの辛さがあるのです。

調剤室に隔離される

医者や看護師など医療チームとの交流もあるように思われるかもしれませんが、薬剤師は調剤室にこもることも多く、実はあまり医療チームと接点がないことも少なくありません。

仕事が多く残業も多い

薬剤師 - 残業が多い

大きな病院などは、それこそ患者数も多いので、薬剤師も忙しいことが少なくありません。また、仕事がなかなか終わらず、残業する人もいるでしょう。

逆に暇すぎることが悩み

病院勤務の薬剤師によっては暇で悩む人もいるようです。小規模の病院だと、それほど忙しくないこともあり、暇でどうしようかと悩む薬剤師もいます。

休日休みが取りづらい

病院勤務の場合は、当直があったり、休日も仕事することもあり、なかなか休みが家族や友人と合わないのです。病院勤務の場合は、休日の予定が立てづらいこともあります。

仕事量に対して給料が少ない

病院勤務では忙しい割に、給料が少ないと感じている薬剤師も少なくないようです。給料面に不満がある人もいるでしょう。

調剤薬局で働く薬剤師の辛さ

薬剤師 - 調剤薬局で働く薬剤師の辛さ

調剤薬局で働く薬剤師も多いはずです。調剤薬局で働く場合は、下記のような点で辛いと感じることがあります。

単調でつらい

調剤薬局で働く薬剤師は、作業が単調で辛い・つまらないと感じている方もいるようです。最初は覚えるのに必死だったのが、だんだんと作業が単調すぎて辛さを感じる人もいるのでしょう。

昇給しずらい

調剤薬局で働く場合は、なかなか昇給がしづらかったりします。働けども働けども、昇給しないため、あまりやりがいを感じられない薬剤師もいるようです。

職場が狭いため人間関係次第なことも

特に調剤薬局は職場が狭く、仕事仲間との距離間も近いため、人間関係がこじれると、それだけで仕事をするのも辛く感じてしまいます。職場が狭い分、逃げ道がないので、精神的に疲れることも多いのです。

ドラッグストアで働く薬剤師の辛さ

薬剤師 - ドラッグストアで仕事・やめたい

ドラッグストアで働く薬剤師にもそれなりの辛さがあります。下記で見ていきましょう。

品出しやレジ打ちさせられることも多い

ドラッグストアの場合は、薬以外の商品も扱っているため、品出しやレジ打ちなど、調剤とはあまり関係ない業務も多く任されることがあるのです。調剤だけしたい薬剤師にとっては、ドラッグストアで働くとストレスに感じることもあるかもしれません。

土日勤務も多い

ドラッグストアは土日も営業しているため、土日も働く場合があります。ですから、土日に休みたいと思ってもなかなか休めないこともあるでしょう。

勤務時間が長い

ドラッグストアは営業時間が夜まで及ぶので、勤務時間が長い傾向にあります。調剤薬局勤務よりも、ひょっとすると長時間働くこともあるかもしれません。

調剤や処方箋についてあまり学べない

ドラッグストアは、調剤ではなく、販売の方がどちらかというとメインなため、調剤や処方箋について、調剤薬局勤務よりもあまり学べない傾向にあります。調剤を学びたい薬剤師にとっては、物足りなく感じることもあるかもしれません。

売り上げを考えたりしないといけない

また、ドラッグストアで店長職など任されると、調剤だけでなく、店の売り上げなど経営面を考えなければいけなくなります。ですから、調剤だけでなく、ドラックストア全体を見れる視野や思考が必要になってくるのです。

人間関係で悩む薬剤師が多い

薬剤師 - 人間関係に悩む

このように、病院・調剤薬局・ドラックストア勤務とそれぞれ薬剤師は、悩みや辛さを抱えているのが少なくありません。また、仕事が辛い原因で一番多いのが、「人間関係」なのです。薬剤師は特に職場が狭い分、人間関係がこじれると大変です。

嫌味な上司がいると、それだけで労働環境が悪くなります。気分屋な上司がいると、その上司に合わせて仕事をしなければいけないので、相当疲れるのです。

一度貼られたレッテルはなかなか覆せない

まだ勤務先で働き始めたばかりの頃に、ちょっとしたミスをしただけで、「仕事ができない人間」というレッテルを貼られることがあります。特に嫌味な上司や性格の悪い同僚の場合は、このようなレッテルを新人などに貼りたがり、勝手にレッテルを貼られた新人薬剤師はなかなか周りからの評価を覆すことができません。いつまでも「仕事ができない人間」という肩書きでコキ使われないといけないのです。

職場を変えると環境は大きく変わる

薬剤師 - 職場を変えると環境は変わる

人間関係に悩む薬剤師は、職場を変えてみることをオススメします。勤務先を変えるだけで、人間関係は大きく変わるものです。新たな場所では、それまでの人間関係など知る人は一人もいないでしょう。これまで劣悪な人間関係・労働環境に悩まされていたのならば、思い切って転職してしまうことです。

転職すると、意外と高評価を得られることもあります。今までは「仕事ができない人間」というレッテルを貼られていたのが、「仕事ができる人間」という見方をされるようになるのです。

周りの見方次第

同じ人間、それほど行う仕事も変わらないのに、なぜこれほどまで評価が違うかというと、周りの人の見方が違うのです。今までは、単に嫌味な人から悪いイメージで勝手に見られていただけであり、普通の人から見たら、「仕事ができる人間」だったというケースはよくあります。

ですから、自分が悪いのではなく、周りの陰湿な上司や同僚が悪かったということもあるのです。なので、職場に悩まされている薬剤師の方は、本気で勤務先を変えた方が良いかもしれません。

3年働き続ける意味はない

薬剤師 - 3年働き続けろは嘘

「まずは3年働き続けないと仕事はわからない」という声をよく聞きます。しかし、1年未満でやめたっていいのです。3年働こうが人間関係は改善せず、無駄に精神的に消耗させられることも多くあります。したがって、無理に3年働いて人生の貴重な時間を無駄にすべきではありません。職場の環境が悪いと思ったら、どんどん職場を変えるべきなのです。そうしないと、自分に合う職場は見つかりません。

薬剤師の経験は色褪せない

薬剤師 - 経験・知識

普通の仕事だと、「転職したら、それまでの経験がリセットされ、またゼロから学ばないといけないので、これまでの経験が無駄になる」という考えもあるかもしれません。

しかし、薬剤師の場合ならば、どこへ転職しても調剤を行うわけであり、経験値は確実に積み重なります。

したがって、転職回数が多かろうが、薬剤師は不利になることはなく、むしろ様々な知識や経験が身につき、転職がプラスに働くこともあるのです。

一つの職場に居続けると学べることは少ない

逆に一つの職場・勤務先にずっと居続けると、学べることは限られてきます。

患者さんとは長く知り合えても、調剤や処方に関する新たな知識は得にくいでしょう。

どこでも通用する薬剤師として成長するためには、様々な場所で薬剤師の経験を積むことは、とても大切なのです。

今のうちから、副収入を得られるように投資を始める

今のうちから、副収入を得られるように投資を始める

職場は、人間関係などにも大きく左右されることがあります。

しかし、人間関係などは、実際にそこで働いてみないとわかりません。

つまり、転職しても、また人間関係や職場環境に悩まされることもあります。

ですから、またすぐに転職をしても困らないように、今のうちから、副収入を得る努力を始めることです。

それには、投資がおすすめです。

少額資金で始められるFXがいい!

投資というと、ある程度の資金が必要に思うかもしれませんが、FXならば少額資金でも、始めることができます。

海外のFX会社ならば、新規口座開設するだけでも、ボーナスがもらえるので、興味ある方は、まず投資を始めてみると良いでしょう。

まずは転職先を探してみよう!

薬剤師 - 転職活動しよう

以上のように薬剤師の仕事についてお話ししてきました。仕事に辛さや仕事をやめたいと思う気持ちも出てくるかもしれません。

そのような場合は思い切って、転職を検討してみることです。

職場を変えるだけで、人間関係や労働環境は大きく変わります。

興味があれば、まずは様々な求人案件を見てみるだけでもいいでしょう。

下記でオススメな薬剤師専門の求人サイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてみると良いでしょう。