今回は、なぜ不動産投資は首都圏で行うべきなのか、そのメリットについて、お伝えしたいと思います。不動産投資は全国で行うことが可能です。しかし、やはり地方よりも首都圏の方が、不動産投資をするならば有利なのです。その理由を詳しく見ていきましょう。

首都圏の方が当然、人が集まりやすい

首都圏の方が人が集まりやすい

まず一つ言えることは、首都圏の方が当然、人が集まりやすいということです。やはり地方よりも首都圏に人が集まってくるので、それだけ入居者を探しやすくなります。

確かに地方の方が土地代も安いので、全体的に見ても、安く不動産が手に入ることでしょう。しかし、いくら安く手に入ったとしても、入居者が見つからなければ、ただの負債になってしまうわけです。

不動産投資で大切なことは、いかに入居率が見込める不動産に投資できるかどうかなのです。ですから、安さだけで不動産を購入しないように、注意しましょう。

駅近物件ならば尚よし

首都圏でも、さらに駅近の物件ならば、なお入居者が見つかりやすいでしょう。やはり、駅近の不動産は好まれます。駅から近い方が通勤も楽なので、借りたい人は少なくないのです。

ですから、首都圏でもできたら駅近くの不動産を検討したいところです。ただし、やはりそのような物件は高いので、投資対象とするか慎重に検討すべきでしょう。

ただ、それでも人気の駅近物件ならば、家賃収入で十分ペイできる可能性もあります。

外国人も首都圏に多く集まってくる

今、日本で働きたい外国人が多く集まってきています。ですから、首都圏不動産ならば、外国人を相手にすることも可能です。外国人によっては、必ずしも悪い入居者ではありません。しっかりマナーを守る外国人も少なくありません。

今後、日本はますます少子化に進みます。そういう意味でも、外国人も相手にできる不動産投資の方が、生き残れるチャンスは十分にあるでしょう。

首都圏不動産の方が高い家賃収入が見込める

首都圏不動産

また、首都圏不動産の方が高い家賃収入が見込めます。いくら安く地方で不動産を購入しても、家賃収入が低いと、収益も思うように得られません。だからこそ、ある程度高い不動産でも、首都圏の方が高い家賃収入が見込める場合は少なくないのです。継続して、安定した家賃収入を得るためにも、首都圏の不動産は魅力的なのです。