脇のニオイ、脇汗、ワキガに恥ずかしい思いをしている方も少なくないでしょう。

脇の汗やニオイとは、どのように向き合えば良いのか、詳しく見ていきたいと思います。

脇に汗が出るのは、暑いときだけではない

脇に汗が出るのは、暑いときだけではない

脇に汗が出るのは、何も暑いときだけではありません。

例えば、睡眠不足であったり、遺伝的なものであったり、または緊張やストレスからくるものもあります。

なぜ脇汗が出るのか気になる方は、こちらのページを参考にすると良いでしょう。

脇汗・ワキガが気になることで、さらに汗が出てしまう

また、脇汗を気にすればするほど、脇汗が出やすくもなるのです。

汗にはニオイを発するものと発しないものがあります。気にしすぎることによって、脇汗が大量に出て、しかもニオイを発生してしまうこともあるのです。

なので、脇汗に対してあまり気にしすぎないことが大切です。

相手が鼻をすすったり、距離を置かれるのが気になる

自分の脇汗が気になる方は、しゃべっている相手が鼻をすすったり、距離を置かれることが気になることもあるでしょう。

しかし、それらの行為も実際に臭うからしているのではなく、相手のくせでしている場合もあります。もちろんニオイがして、そうされている場合もあるでしょうが、全部が全部そのような反応をしているわけではないのです。

家だとニオイがしないこともある

家だとニオイがしないこともある

また、自分の脇汗が気になる方でも、自分の家だと脇が臭わないこともあります。

これは、外にいると自分の汗が過度に気になる分、脇汗も出やすいのですが、家だとリラックスしているので、あまり脇汗をかかないこともあるのです。

このように、精神状態によっても、自分が脇汗を発生させるかどうかは違ってきます。

外国人は8割以上ワキガと言われている

日本人に比べて、動物性たんぱく質や脂質を多くとる外国人は、8割以上はワキガと言われてます。

それに対して、ワキガの日本人は全体の半数にも満たないのです。だからこそ、多くの外国人は強めの香水をつけているのかもしれません。

脇汗の手術をしても100%治るわけではない

また、レーザーなどで脇汗の治療を行うこともできますが、治療しても100%治るというわけではありません。数ヶ月経過すると、また元の状態に戻る可能性もあります。

ですから、脇汗対策をするならば、デオドラント商品などをこまめに使い対策して行った方が良いでしょう。体臭というのは、誰もが持っているものですから、あまり気にしすぎないことです。