メールマガジンを使って、アフィリエイトや営業を行いたいひともいるでしょう。

メルマガは特定電子メール法により、氏名や電話番号や住所が必要

メルマガは特定電子メール法により、氏名や電話番号や住所が必要

しかし、メルマガを利用する場合は、特定電子メール法により、氏名や電話番号や住所の記載が必要になります。

特定電子メール法は、電子メールによる一方的な広告宣伝メールを送りつける「迷惑メール」が社会問題化し、2002年(平成14年)に施行されました。

もし、電話番号や住所など偽った場合は、下記のように罰せられる可能性があります。

送信者情報を偽って送信した場合や、送信者が総務大臣及び消費者庁長官の命令に従わない場合には、1年以下の懲役または100万円以下の罰金(法人の場合は、行為者を罰するほか、法人に対して3000万円以下の罰金)に処せられます。
引用 : https://www.dekyo.or.jp/soudan/contents/taisaku/1-2.html

むやみに電話番号や自宅の住所を教えたくない!

しかし、氏名ならともかく、電話番号や住所まで教えたくないひともいるでしょう。

自宅の住所を教えることで、いつ危害を受けるかわかりません。

特に、メルマガは誰が読んでいるかわからないので、妬みなど持たれる可能性もあり、このご時世安易に住所を教えるのは危険かもしれないのです。

バーチャルオフィスを利用する!

バーチャルオフィスを利用する!

そこで、オススメなのがバーチャルオフィスを利用することです。

住所が借りれる

バーチャルオフィルを利用すれば、住所を借りることができます。

なので、バーチャルオフィスの住所を利用すれば、自宅の住所を教える必要はありません。

専用電話番号が使える

また、バーチャルオフィスを利用することで、専用電話番号が使えます。

専用電話番号から自分の電話番号に転送することもできますし、電話代行サービスも受けられるので、わざわざ自分で電話に出る必要もありません。

個人事業主でも組織経営しているようなイメージを与えられる

バーチャルオフィルは、ビジネス街に住所を置くので、自宅で営業している個人事業主の方も、会社としてのイメージを与えることができるでしょう。

また、組織として会社経営しているイメージを与えることもできるかもしれません。

月数千円程度で利用できる!

月数千円程度で利用できる!

バーチャルオフィスの利用は、月数千円程度で利用することができます。

都心にきちんとオフィスを借りようとすると、大きさによっては百万単位でかかります。

これが、わずか数千円で借りられるので大変お得です。

月数千円程度ならば、メルマガで売り上げることができれば、すぐにペイできてしまうでしょう。

費用は経費で落ちることも!

それに、バーチャルオフィスの費用は経費で落とすこともできます。

なので、税金面で考えても、バーチャルオフィスの利用はおすすめです。

メルマガで稼ぎたいひとは、ぜひバーチャルオフィスの利用を!

メルマガで稼ぎたいひとは、ぜひバーチャルオフィスの利用を!

以上のように、メルマガで稼ぎたいひとは、電話番号や住所の記載も必要なので、特に個人で営まれている方にはバーチャルオフィスの利用をおすすめします!

ちなみに、リーゾナブルで便利なバーチャルオフィスを利用するならば、Karigoがおすすめです。Karigo

なんと、月額3,300円からバーチャルオフィスの利用が可能になります!

共有FAXや電話代行サービスもあるので、気になる方はぜひチェックしてみると良いでしょう!

Karigoの公式サイトはこちらになります。Karigo

KarigoKarigo