FXで勝つためには必要な鉄則があります。

FXで勝つため、稼ぐためには、どのような鉄則を守る必要があるのか、下記で詳しく見ていきたいと思います。

適当に取引しても、FXで勝てるわけではない

適当に取引しても、FXで勝てるわけではない

FXは適当に取引しても勝てるわけではありません。

なんとなく気分で取引しても、相場の波に飲まれて負けてしまうだけでしょう。

では、どうすればFXで勝つことができるのか。

それには、勝つための鉄則を持ち、それをしっかり守り取引することが大切なのです。

では、FXで勝つために、どういう鉄則が必要なのか、下記であげていきたいと思います。

適当にポジポジせずに勝てるタイミングを見極める

FX初心者の方ほど、適当にポジポジして負け続けてしまうことが多いです。

FXは適当にポジポジしても勝てるわけではありません。

勝てるタイミングでエントリーすることが大事なのです。

それには、相場をよく見ることです。

常日頃から相場をよく見て、動きの特性を掴むことが大切です。

特に最初のうちは少額取引を行う

特に最初のうちは少額取引を行う

特に最初のうちは負けやすいと思います。

まだ勝ちパターンが見えてこないうちは、負けることの方が多いと思うので、最初は少額取引を心がけると良いでしょう。

FXで一度は勝てることができても、勝ち続けることは簡単ではありません。

FXで継続的に勝ち、利益を上げられるようになるためにも、まずは取引経験を積み、勉強していくことが大切です。

最初のうちから大きな金額で取引しても、負けて大損してしまう可能性の方が高いです。

なので、まずは経験を積むためにも、少額取引から始めると良いでしょう。

取引記録をつけておく

また、取引記録をつけておくことも大切です。

自分がどういう取引をして、どこで勝ちどこで負けたのか、またどういう精神状態で取引していたのか、見返すことで反省ができ、次の取引に生かすことができます。

取引記録を見返さないと、いつまで経っても自身の手法は改善されずに、同じような過ちを犯す可能性が高いです。

そうならないためにも、取引記録をつけて、あとで見返すことはとても大切なことなのです。

損失を最小限に抑えるために損きりを行う

また、損失を最小限に抑えるためにも、損きりを行うことが大切です。

損きりを行わないと、含み損を抱えてしまい、持ちこたえることができずに、大損してしまう可能性が高いです。

大きなダメージを負わないためにも、損きりをして損失を抑えることが大切です。

しかし、損きりはどこでもすれば良いわけではありません。

損きりが早すぎると、たとえ少額の損失でも、回数を重ねることで、結局大きな損失になってしまいます。

なので、損きりもタイミングを見極める必要があるのです。

利確もすぐすれば良いわけではない

また、利確もすぐすれば良いわけではありません。

利確も早すぎると、あまり利益が取れません。

ある程度の利益を取るためにも、利確のタイミングを見定める必要があるのです。

資金管理を徹底的に行う

FXで勝つために、とても重要な鉄則の中のひとつが、資金管理を徹底的に行うことです。

初っ端から何も考えずに全力エントリーしているようでは、相場が逆に流れてしまい、すぐに負けてしまうだけです。

FXで勝つためには、相場が逆に動いたときに、いくらまで堪えられるのか、逆にいくらになったら損きりした方が良いのかを、よく把握しておくことです。

FXで勝つためには、資金管理がとても大切です。

精神状態を冷静に保つこと

精神状態を冷静に保つこと

では、どうすればある程度の利益を上げられる取引ができるかというと、まずは精神状態を冷静に保つことです。

感情的になったり、気分で取引していると手法がブレてしまい、なかなか勝ち続けることができません。

FXで勝つためには、常に冷静になり取引する必要があります。

裏を読む癖をつける

また、冷静になるだけではなく、裏を読むことが大切です。

一見大きく損をしそうな相場こそ、実は大きく利益を上げられるチャンスが潜んでいたりします。

そういう他のトレーダーが大きく騙されやすいときこそ、FXでは稼ぐチャンスなのです。

ですから、FXで勝つためには、常に裏を読む癖をつけておくと良いでしょう。

また、FXで勝つためには、経験を積み、勉強をすることです。

簡単に勝てるわけではないので、相場がどういう動きをするのかよく見て、勝ちパターンを築くことが大事です。