「アフィリエイトはもう終わった」と感じているひとも少なくないでしょう。

確かに、Googleのアルゴリズムもどんどん進化していき、自分のサイトを作って検索しても、簡単に上位表示されるわけではありません。

しかし、だからといってアフィリエイトが終わったと決めつけるのは、まだ早いような気がします。

アフィリエイトは実は終わっていない

アフィリエイトは実は終わっていない

以前に比べて、Googleのアルゴリズムの進化し、またライバルも増えているので、アフィリエイト活動をしても簡単に稼げなくなったことは確かです。

しかし、そうは言っても、絶対に稼げないわけではないのです。

実際に、厳しいと言われている今でも、アフィリエイトで稼いでいるひとたちは少なくありません。

確かに、アフィリで稼ぐ難易度は上がりました。

しかし、アフィリで稼ぐこと自体は、不可能ではないのです。

適当に作ったサイトは上がりにくい

昔ならば、適当に記事を書き、アフィリリンクを貼ったものでも、検索で上位表示されて、ある程度の利益を得ることができました。

しかし、今ではそう簡単に上位表示されないはずです。

なぜならば、Googleは品質の良いサイトやブログを求めているからです。

本当にユーザーのためになる情報が含まれたサイトやブログが上位表示されています。

ある程度の文字数は大切だが、最重要ではない

ある程度の文字数は大切だが、最重要ではない

検索結果で上位表示されるには、ある程度の文字数が必要なことは確かです。

ひとによっては、2,000字以上必要という声もあったり、1万文字以上必要という声もあります。

ただし、文字数は大切ですが、最重要ではないと思います。

大切なことは、どれだけユーザーに役立つ情報が記載されているかです。

文字数が多ければ、当然載せられる情報も多いと思いますが、しかし、同じことを何度も書いて文字数を稼いでいるような記事では、必ずしもユーザーに役立つ情報とは言えず、上位表示されにくいはずです。

文字数ばかり求めるのではなく、ユーザーに役立つ情報を載せることが大切でしょう。

自分の利益ばかり考えていないか

ユーザーに役立つ情報を提供するためにも、ユーザーのことをよく考えることです。

自分の利益ばかり考えた内容では、なかなかユーザーからは共感してもらえず、サイトの質も下がっていくことでしょう。

やはり、ユーザーに役立つ情報を提供することで、ユーザーからも共感を得られるので、自分のことではなく、相手のことを考えると良いでしょう。

ユーザーと信頼関係を築き、ファンを作ることの大事さ

例えば、人気ブロガーの方は、ユーザーと信頼関係を築くのがうまい方が多いです。

SNSで情報をどんどん提供していき、ユーザーとの関係性を深めています。

そうすると、ますます信頼関係が築けて、ファンを獲得できることになり、自身のブログの集客にも役立てることができるのです。

これからの時代、アフィリエイトで稼ぐためには、いかにユーザー目線で情報提供できるか、ユーザーと信頼関係を築くことができるかだと思います。

アフィリエイトは、相手の顔が見えない商売でもありますが、関係性・コミュニケーションが求められる商売でもあるのです。

ユーザーとの信頼関係が築けないサイトやブログは、これから益々淘汰されていくでしょう。

そして、アフィリエイトで稼ぐためには、このような関係性を意識していく必要があり、ユーザーとの関係が築ければ、アフィリエイトで稼げる可能性は十分にあるでしょう。