もし、仕事のストレスで白髪やハゲが出てきたならば、それは体が異常を発している危険なサインです。本気で仕事を変えることを考えた方が良いでしょう。

仕事で体を壊している人は実に多い

仕事でストレスを抱え体を壊す

今の世の中、仕事でストレスを抱えて、体を壊している人は実に多いです。成果がもとめられる昨今では、過度なストレスが伴います。上司や会社の上層部からの圧力も激しく、苦しめられる日々が続くのです。強いストレスに身を置くと、当然、体にも異変が起こります。突然、白髪が出たり、円形脱毛症になったりするのです。このような症状が出てきたら、体が異変を発しているサインになります。

このまま仕事を続けていくと、本気で体を壊しかねません。実際に仕事のストレスで体を壊し、不治の病に悩まされる人が実に多いのです。この世の中、社会はストレスで蔓延しています。特に日本社会は神経質なまでに仕事に打ち込むことを要求されるので、苦しい労働環境を強いられることが少なくないのです。

街を歩いても、悲痛な顔をして歩いている人をよく見かけると思います。

体を壊すまで働くことを美徳を考えている日本人

上司や経営者の中には、体を壊すまで働いた方が良いという、驚くべき時代錯誤の考えを持った人たちがいます。むしろ、昔からそうあるべきではなかったのですが、まるで奴隷のように、会社のために体を壊すほど働くのが良いという間違った考えを持つ人が実に多いのです。そのような経営方針の中では、相当こき使われますし、本当に体を壊すほど働かされます。

しかし、大事なのは会社の発展よりも、自分の体です。体という資本があってこそ、仕事もできます。体を壊してまで、仕事をすべきではないのです。仕事にも限度があります。極限まで仕事をして、体を壊しては、意味がないのです。体を壊すまで働かされる会社は、あまりに危険なので、転職を考えた方が良いでしょう。

上司は指導方法を分かっていない

フリーターは休みなしで働かされる

そのような旧態依然の会社では、人材育成方法を分かっていないのです。たとえ経営者であっても、むしろ経営者の方がかもしれませんが、驚くほど育成能力レベルは低いです。罵倒すれば、人が育つと思っています。そのような労働環境では、部下は耐えるしかないのです。罵倒で人が育つと思っているので、上司には逆らえず、罵倒に耐えて、深夜まで働くしかありません。しかし、そのような厳しい環境に耐えても、体を壊してしまうだけです。

罵倒されることは、最適な指導方法ではありません。もっと効率良く指導する方法があるはずです。それを知らない上司や経営者に問題があるのです。上につくものが、下の人間を批判ばかりして、自分の誤った考えを押し付けるのはあってはならないことです。そのような会社で働いても、部下は自分の成長を感じることができないでしょう。いっそのこと、低レベルな会社からは離れた方が良いのです。