『退職届を出しても会社を辞められない!』

そんな方のために、退職届を出しても辞めれない時に即日やめる方法について、詳しくご説明しましょう!

退職届を出せば辞められる理由

退職届を出せば辞められる理由

まず、申し上げたいのは、『退職届を出して辞められないことはない』ということです。

あなたは、退職届を出せば、会社を辞めることができます。

どういうことなのか。

退職届を出せば辞められる理由について、下記でご説明しましょう。

民法 第627条

第627条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。(民法 第627条)

上記の民法 第627条にあるように、雇用期間の定めがない場合は、解約申し入れ日(退職届提出日)から2週間を経過することによって、退職することができます。

つまり、2週間前までに退職届を出せば(解約の申入れ)、あなたは会社を辞められるわけです。

民法 第628条

第628条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。(民法 第628条)

さらに、上記の民法 第628条にあるように、『やむを得ない事由があるとき』は、直ちに契約を解除することができるとあります。

つまり、2週間を待たずとも、すぐに退職できることもあるのです。

ここでいう、『やむを得ない事由』とは、下記のようなことをさします。

  • 怪我や病気
  • 家庭の事情(育児・介護など)
  • 労働条件が契約と大きく違う
  • 業務が法令違反(パワハラ・セクハラなど)

このような場合は、『やむを得ない事由』として、すぐに会社を辞めることができるとされています。

ですから、雇用契約と実際の労働条件が違っていたり、パワハラやセクハラなど不当な扱いを受けている場合は、すぐに辞められます。

退職届と退職願の違い

ちなみに、退職届と退職願の違いは何か。

  • 退職願は、会社に対して退職を願い出るためのもの
  • 退職届は、会社に対して退職を通告するためのもの

つまり、退職願は、願い出るためのものなので、会社に却下される可能性もあります。

退職届と退職願はどちらがいいのか?

では、退職届と退職願はどちらを出した方がいいのか。

もし、会社と合意のもとで円滑に辞めたいならば、退職願でしょうが、強い意思があり、すぐにでも辞めたいならば、退職届を出しましょう。

退職届を出しても辞められない理由

退職届を出しても辞められない理由

では、なぜ退職届を出しても、会社は辞めさせてくれないのか。

それには以下の理由が考えられます。

退職届を受け取ってくれない

まず第一に、退職届を受け取っていない、もしくは受け取らない。

退職届を本当に受け取っていないか、無理やり受け取ろうとしないで、あなたを辞めさせないようにしているかもしれません。

急に辞められては困るから

また、急に辞められると困るから、あなたが退職することを拒んでいる可能性もあります。

その際は、上記でも説明した通り、『やむを得ない事由』がない限りは、2週間待ちましょう。

退職届を提出して、2週間経過すれば、辞められるはずです。

なんとか辞めさせないようにするため

もしくは、会社はあなたをなんとか辞めさせないようにするために、言い訳をしているのかもしれません。

(強制労働の禁止)
第五条 使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によつて、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。 (労働基準法 第5条)

しかし、上記の労働基準法 第5条にもある通り、労働者の意思に反して労働を強制する行為は、違反または強制労働となり、違法行為となります。

会社はあなたを不当に拘束することは、違反や違法行為なので、できません。

『損害賠償を請求する』と言われたりして脅してくる

また、退職届を出すと、『損害賠償を請求する』と会社が言って脅してくることもあります。

先の労働基準法 第5条にもある通り、脅迫して労働者に強制労働させることも、禁止されています。

しかしながら、あなたに過失がある場合は、損害賠償の責任を負うこともある(民法 第628条)ので、注意しましょう。

あなたに過失がある場合とは、例えば、あなたしかできない仕事で、あなたが急に辞めてしまうことで、会社に損害が及ぶケースです。

ただこれは、会社の誰も代えが効かないような、よほど専門的な仕事内容で、かつ当事者が突然辞めてしまったような場合です。

相当レアなケースでもない限りは、あなたが辞めるだけで、会社が損害賠償請求して勝てるわけではありません。

退職届を出しても辞めれない時に即日やめる方法

退職届を出しても辞めれない時に即日やめる方法

では、退職届を出しても、どうしても辞められない時に、どうしたら即日辞められるのか。

その方法について、下記でご紹介します。

  1. 内容証明で退職届を送る
  2. 労働基準監督署や労働相談センターへ相談する
  3. 退職代行サービスを利用する

もし、退職届を出しても、会社を辞められない場合は、上記のような方法がおすすめです。

内容証明で退職届を送る

二度手間となってしまいますが、配達証明付内容証明郵便で退職届を送りましょう。

これならば、しっかりと退職届を出した記録が残りますから、会社側も退職届を受理していないとは言えません。

労働基準監督署や労働相談センターへ相談する

また、労基や労働相談センターへ相談してください。

会社がただをこねているときは、外部に相談して、間に入ってもらう方がいいです。

労基から会社へ連絡が行くこともあります。

退職代行サービスを利用する

40代におすすめな退職代行サービス

そして、どうしても辞められない場合は、退職代行サービスがおすすめです。

退職代行サービスに依頼すれば、あなたの代わりに退職手続きを全て行ってくれます。

依頼日以降は、一切会社に顔を出すことなく、会社を即日辞めることも可能です。

ちなみに退職代行サービスならば、こちらの業者がおすすめです。「辞めるんです。」

こちらの業者は後払いが可能なので、費用面も安心して退職代行サービスを利用できます。

代行実績も10000件以上あり、即日退職が可能です。

24時間365日対応可能で、有給消化サポート付きなので、有給が残っている方にもおすすめですね!

興味ある方は、ぜひ下記のリンクからチェックしてみましょう!

後払い可能な退職代行「辞めるんです。」の公式サイトはこちらになります。「辞めるんです。」

「辞めるんです。」

まとめ

以上のように、退職届を出しても辞めれない時に即日やめる方法について、詳しくご説明してきました。

退職届を出したにも関わらず、会社を辞めれない理由はありません。

あなたは当然会社を辞めることができます。

どうしても会社が意地悪などして辞められない場合は、ぜひ上記の方法を参考にしてみてください!