「既卒だと就職活動が難しいのではないか」と思うひともいるでしょう。

現役でどこにも採用されない既卒は不利?

現役でどこにも採用されない既卒は不利?

例えば、第二新卒に比べて、現役時代にどこにも採用されない既卒は、「就職活動で不利なのではないか」と思うひともいます。

そもそも就職活動していないひともいる

ただ、そもそも現役時代に就職活動をしていないひともいるでしょう。

例えば、公務員を目指していたり、学業やバイトに専念して、就職活動をしなかったひともいるはずです。

第二新卒のスキルがどこまで通用するかは疑問

あと、第二新卒だからといって、必ずしもそこまでスキルがあるかも疑問です。

第二新卒ということは、おそらく3年程度の業界経験のひとも多いでしょう。

業界歴3年で、どれだけのスキルがついているのか。

それだけを見て、採用を決めるわけではありません。

あまり不利とか考えなくて良い

あまり不利とか考えなくて良い

所詮、第二新卒も既卒も、それほど大した差はないと思うので、既卒だからと言って、あまり不利に感じる必要はないです。

むしろ既卒でも、例えば学業に専念して特別な知識があるなど、何か武器となるものがあれば、十分に採用される可能性はあります。

アピール力が大事

既卒でも第二新卒でも、大事なのはアピール力です。

わずかな面接時間の中で、いかに相手に自分の魅力を伝えるかが、面接では大切なポイントです。

既卒や第二新卒の方は、スキルよりも若さ、将来性を買われることも多いです。

なので、スキルよりも対応力、コミュニケーション能力をつける方が良いかもしれません。

既卒の理由は正直どうにでもなる

また、既卒理由は正直どうにでもなります。

採用担当者からは、あなたがアルバイトに専念していたのか、それとも学業に専念していたのか、正直わかりません。

なので、あまり採用担当者に悪いイメージを与えないように、受け答えするのが大事です。

これからあなたが何をしていきたいのか

また、既卒でも第二新卒でも大事なのは、これから何をしていきたいかです。

あなたがどのような会社で、どういう仕事についていきたいのか、よく考えて見ることです。

もし、自分で方向性が決められない場合は、既卒や第二新卒向けの就職支援サイトもあります。

なので、そういうところで相談してみるのも良いです。

まとめ

まとめ

以上のように、既卒だから就職活動で不利というのは、経験上から言っても、ほとんどないと思います。

就職活動で大事なのは、いかに採用担当者に気に入られるかです。

若い方は、たとえスキルがなくとも、人間性やポテンシャルで評価されることもあります。

ですから、あまり悲観的にはならず、前向きに取り組むことです。