第二新卒の転職をしたいけど、相談相手がいなくて、不安でしかない。

新卒と違い、同じ環境のひとがいない

新卒と違い、同じ環境のひとがいない

その気持ち、よくわかります。

私の第二新卒の転職では、相談相手が全くいませんでした。

なぜ相談相手がいないかというと、新卒のときよりも、第二新卒のときは、全く環境や境遇が違うからです。

第二新卒となると、周りは新卒で仕事をバリバリ頑張っています。

周りの友達は、みんな仕事で忙しく、第二新卒を経験していないひとも多いので、相談できないのです。

相談しても、同じ環境ではないので、気持ちもわかってはもらえません。

相談相手がいなくて不安で仕方ない

なので、第二新卒のときは、相談相手もいないので、不安で仕方ないのです。

また、第二新卒で悩んでいるひとの情報も、ネットでなかなか出てこないので、解決策もなかなか得られません。

同年代との差に劣等感と絶望感を抱く

そして、第二新卒になると、どうしても同年代との差が出てきます。

例えば、友人が大手企業に勤めていると、自分とのギャップに劣等感や絶望感を抱きがちです。

「友達はあんなに有名企業に勤めて、ホワイトで高収入を得ているのに、それに比べて自分は。。。」と思ってしまいます。

同年代の周りと比べることで、さらに自分自身に劣等感を抱いてしまうのです。

劣等感、コンプレックスを感じるがあまりに、同年代の友達に対しては、本当は将来が不安で仕方ないのに、下手な見栄を張ってしまうのです。

そうなってしまうと、ますます周囲には相談することができません。

家族にもわかってもらえない

また、家族であっても同じことです。

家族であろうとも、あなたの仕事について、きちんと理解しているわけではありません。

家族は、「あなたが仕事をしているか」しかわからないので、あなたがどういう悩み、不安を抱いているかまでは、知らないのです。

そして、家族はあなたに仕事に就くことだけを求めます。

そういう状況では、家族に対しても、第二新卒に関する悩みを相談するのは難しいでしょう。

「消えて無くなりたい」と思ってしまう

さらに、誰にも相談できず、絶望感を抱くと、「消えて無くなりたい」とさえ思うこともあります。

第二新卒の場合は、相談相手がいないと、どうしていいのかわからず、気力も失い、何もできなくなってしまいます。

まずは相談相手を得よう!

まずは相談相手を得よう!

このように、第二新卒になると、どうすればいいのかもわからないので、まず相談相手を見つけることです。

相談相手がいれば、第二新卒の不安も解消され、どのように転職活動すればいいのかも、見えてきます。

プロの方がより的確なアドバイスがもらえる

そして、相談相手を探すならば、転職のプロがオススメです。

なぜならば、プロの方が、周りに相談するよりも、的確なアドバイスがもらえます。

第二新卒の悩みは、知識や経験がないと、なかなか素人が相談相手になったり、語ることはできません。

あなたの状況をよく理解していないひとが相談相手になっても、期待できるような返答はもらえないのです。

そうなると、解決策がわからず、不安も解消されず、ますます落ち込むだけです。

だからこそ、第二新卒の悩みがわかる、転職のプロに相談すべきです。

もし、プロに相談するならば、下記のような第二新卒向けの転職支援サイトがオススメです!

一人で悩んでは解決も出来ず、安心感が得られない

結局のところ、一人で悩んでも解決はできません。

一方で、誰かに相談できることで、第二新卒の方向性が見え、悩みも解消され、安心感も得られます。

あなたが第二新卒で不安な思いをするのは、あなたの状況をしっかりわかってくれる人間が周囲に全くいないからなのです。

ですから、まずはちゃんと理解してくれる人間を見つけてください。

本心で悩みを相談できる相手が見つかれば、精神的にもだいぶ楽になります。

いつまでも一人で悩み、絶望感を抱き続けるのではなく、いち早く状況改善して、第二新卒を成功させるためにも、相談相手を見つけて、行動しましょう!