新型コロナウィルス問題で、東京に上京して就職すべきか、躊躇しているひともいるでしょう。

そこで今回は、東京に上京して就職活動する際に、注意すべきことについて、伝えていきたいと思います。

《新型コロナ問題》東京に上京し就職するためにすべきこと!

《新型コロナ問題》東京に上京し就職するためにすべきこと!

新型コロナウィルスで、東京に上京して就職活動をしていいのか、迷うこともあるでしょう。

しかし、東京で働くことは、必ずしも危険なわけではありません。

確かにひとは多いですが、誰でも感染するわけではなく、ひとそれぞれ気をつけて生活を送っています。

また、今はどこにいようとも、ウィルスに感染する可能性はあるでしょう。

新型コロナで大変だがチャンスはある

また、新型コロナウィルスや株価大暴落の影響で、就職活動が難しいのではないか、と思うかもしれませんが、しかし東京ならば企業はたくさんあるので、就職できるチャンスは十分にあります。

確かに、新型コロナの問題で低迷している企業もあるかもしれませんが、一方で成長を遂げている企業もあるので、就職活動のチャンスはあるでしょう。

東京はかなりひとが多い

ただ、初めて東京で生活する際に気をつけてほしいのが、先にも伝えたようにひとが多いことです。

かなりひとが多いので、最初は圧倒されてしまうかもしれません。

しかし、ある程度生活していれば、ひとの多さにもなれるでしょう。

また、ひとが多いからといって、必ずしも簡単にウィルス感染するわけではありません。

どこにいたとしても、清潔に保ち・こまめに除菌を行うことです。

物価が高い

また、都心なので物価が高いことがあります。

地方では安く買える食材も、都心だと高いこともあります。

部屋が狭い

また、地方に比べて、部屋が狭いと感じると思います。

特に都心は土地代が高いので、なかなか広い部屋で生活することはできません。

なので、地方から都心に生活を移すと、窮屈に感じるかもしれません。

孤独を感じやすい

また、都心はひとが多いにも関わらず、それぞれのひととの関係性はそれほど深くはないので、ドライで孤独を感じやすかったりします。

しかし、都心での生活はそんなもので、結構みんな忙しくて、時間やお金に余裕がなかったりします。

ただ、よくよく見てみると、それぞれに密なつながりを持つコミュニティーもあるので、ひととのつながりがほしい方は、趣味などを通じてコミュニティーに参加してみるといいでしょう。

都心は、ひとが多い分、様々なコミュニティーがあります。

どういう仕事に就きたいのか

また、都心で仕事をするときに注意してほしいのが、あなたがどういう仕事を希望するかです。

東京には仕事がたくさんあります。

漠然と仕事を探しても、あなたの満足いく仕事が見つかるとは限りません。

また、適当に仕事を見つけても、長続きするとも限りません。

なので、あなたがどういう仕事をしたいのか、どういう仕事ならできそうなのか、長続きできそうか、など考えて就職活動をするといいでしょう。

東京で働きたいひと向けの就職支援サービス

もし、これから東京で就職先を探すならば、仕事と住まい同時サポートの上京支援サービスが受けられる、「TokyoDive」をチェックしてみるといいでしょう。

「TokyoDive」では、東京での仕事だけではなく、住まいも同時に探すことができるので、手間を省くことができるでしょう。

なるべく安い住まいを探す

また、東京は家賃が高いので、なるべく安い住まいを見つけるならば、「シェアドアパートメント」も見てみるといいでしょう。

「シェアドアパートメント」では、東京で家賃3万円からの物件を探すことができます。

「シェアドアパートメント」は、家具家電付きシェアハウス300物件、3,500室以上と、日本最大級の物件数を誇ります。

敷金0円、礼金0円、仲介手数料0円、初期費用3万円のみの物件を探せるので、気になる方は「シェアドアパートメント」をチェックしてみるといいでしょう。

行動すればチャンスはある

以上のように、新型コロナウィルスや株価大暴落が起きていても、東京で就職先を見つけることは十分に可能です。

むしろ、企業数の多さから言えば、東京で就職活動をした方が、就職できるチャンスがあるかもしれません。

就職活動を成功させるためにも、まず動くことが大事なので、積極的に就職活動をしていくといいでしょう。