新型コロナウィルス・株価暴落の影響で、多くの企業が苦しい状況を強いられています。

このような状況下で、コンサルティングでどのように稼いでいくのか、考え悩んでいる方もいるでしょう。

《新型コロナ問題》コンサルティングで対策すべきこととは?

《新型コロナ問題》コンサルティングで対策すべきこととは?

そこで今回は、新型コロナウィルスや株価大暴落で多くの企業が苦境を強いられる中、コンサルティングでどのように対策すべきなのか、下記で詳しく触れていきたいと思います。

不況のときこそコンサルティングが活躍するチャンス

個人的には、世の中が不況のときこそ、コンサルティングが活躍するチャンスだと思います。

それはなぜかというと、世の中の景気がいいときは、ある程度放っておいても、ものが売れます。

しかし、不況になると、ものやサービスが簡単には売れず、企業は苦しみます。

こういうときこそ、企業はコンサルティングを依頼して、状況打破したいと思ったりするのです。

コンサル業は、会社の経営を改善するのが、大きな役割の一つです。

なので、不況で多くの企業が苦境に陥っているときこそ、コンサル業が活躍するチャンスなのです。

コンサルティングに資格は必要ない

また、コンサルティングには、特に資格は必要ありません。

仮に、コンサルティングに関連する資格があったとしても、それは大して重要ではなく、大切なのはコンサル業での経験や実績です。

これらがあれば、コンサル業で食べて行くことは十分に可能ですし、資格は特に必要ではありません。

コンサルティングとは、顧客との対話

コンサルティングは、顧客の経営改善のために提案をしていくのですが、ただ一方的に提案するのではなく、大切なのは顧客との対話です。

一方的な提案は、単なる自分勝手な視野の狭い考えになってしまうことがあります。

そうではなく、顧客と打ち合わせをして、顧客の悩みや考えを聞くことで、様々な改善策が生まれてくることがあるのです。

なので、コンサルティングは一方的に提案ばかりすればいいのではなく、顧客と対話をして、お互いで考えを深めていくことが大切です。

コンサルティング業は十分稼ぐことができる

このように、しっかり顧客と話し合い、実績を残すことができれば、コンサル業で十分稼ぐことができます。

新型コロナウィルス問題で、いろいろ不安なこともあるかもしれませんが、こういう世の中が不安定なときこそ、コンサル業が活躍できるチャンスです。

コンサルティング向けの転職サイトを利用する

もし、これからコンサルティングの転職・就職を考えているならば、「STRATEGY:BOOTCAMP」をチェックしてみるといいでしょう。

「STRATEGY:BOOTCAMP」では、戦略コンサルへの転職・就職をフルサポートしています。

経営理論の基礎からコミュニケーション方法、ケース面接への対策まで詳細に指導してもらえます。

講師は全て元マッキンゼー、BCG、ベインで複数年プロフェッショナルのコンサルタントとして経験を積んでいます。

「STRATEGY:BOOTCAMP」では、BCG、ベイン、マッキンゼーへの内定を獲得したひとも多数いるので、気になる方はぜひチェックしてみるといいでしょう。

「STRATEGY:BOOTCAMP」の公式サイトは、こちらになります。「STRATEGY:BOOTCAMP」

「STRATEGY:BOOTCAMP」「STRATEGY:BOOTCAMP」

フリーランスで稼ぐこともできる

また、コンサルティングはフリーランスで稼ぐこともできます。

顧客がつき、信頼や実績が得られれば、フリーランスとして稼ぐことも十分できるでしょう。

「BTCエージェント」では、フリーランスのコンサルタント向けに案件を紹介しています。

専任のコンサルタントがヒアリングから案件検索、経歴書の作成や面談の指南、案件参画後のフォローやその後のキャリアプランニングに至るまで長期的にサポートしてくれます。

「BTCエージェント」の公式サイトは、こちらになります。「BTCエージェント」

「BTCエージェント」「BTCエージェント」

これからコンサルを依頼したい企業も増えて行くはず

このように、コンサルティングで稼ぐためのサポートもあるので、コンサル業で仕事をしていくことは十分可能です。

特にこれからは、新型コロナウィルスや株価暴落で、多くの会社の経営にも影響していくと思うので、コンサルティングを依頼したい企業も増えて行くと思います。

これからこそが、コンサル業で稼ぐチャンスでしょう。

顧客にもとめられるものは何か、どうすれば顧客の良さを活かせるのか、意識しながらコンサル業に専念していくといいでしょう。