未経験webデザイナーのポートフォリオ

未経験者のポートフォリオは何を出せばいいの?

webデザイナーの転職活動で困ることはポートフォリオの提出でしょう。webデザイナーとして転職しようとするときに、必ずと言ってよいほど、ポートフォリオの提出を迫られます。つまり、採用側はあなたの作品により、採用するかを見極めているのです。中には、未経験者の場合はポートフォリオを求めない企業もありますが、ほとんどの企業はポートフォリオを求めるので、事前に用意しておいた方がいいでしょう。また、ポートフォリオがあるからといって、必ずしも採用されるわけではありません。なぜなら、ポートフォリオの良し悪しで採用が決まるからです。仮にポートフォリオを用意していたとしても、素人同然のデザインだとすぐに不採用されてしまいます。なので、ポートフォリオの提出は特に気をつけましょう。特に、業界未経験のwebデザイナーの場合は、どれぐらいスキルがあるのか、デザインができるのかがわかりません。そこで、見栄えの悪いwebデザインを見せると、技量が足りないということで、落とされることは普通にあることなのです。

学校の課題制作に頼りすぎてはいけない

また、未経験者からwebデザイナーを目指すときに、webデザインのスクールに通う人もいるでしょう。そこで、課題作品を作ることがあります。その課題制作をweb制作会社に持って行くわけですが、課題制作に頼りすぎない方がいいです。なぜなら、課題制作のサイトは所詮スクールでの作品でしかないからです。企業はさらに高いレベルの作品を求めています。素人同然の作品ではダメなのです。どれだけ色にこだわったか、どれだけテクニカルな面にこだわったかが重要なのです。学校で仲良しこよしで作った作品では、企業の採用試験では通用しません。なので、ポートフォリオを作成するときは全てを出し切ることが大切です。

現状のスキルを全部出すこと

単に、自分のブログや趣味程度のサイトを提出してはいけません。すぐにデザイン力の無さがばれます。そうではなく、実際に実店舗のサイトを作ることです。お金が発生していなくてもいいので、実店舗のサイトを作成してみましょう。そして、何度も試行錯誤を重ねることです。デザインは試行錯誤の繰り返しでよくなっていきます。デザインは揉まれてよくなっていくので、ぜひ実店舗のwebサイトを作りましょう。そして、何度も揉まれて良いデザインに作り上げます。そのようなサイトがポートフォリオとして提出できるサイトです。ポートフォリオのwebサイトはどれだけ頑張ったかが見えるサイトでないとダメです。そうでないと、採用側としては価値ある人材かがわかりません。頑張ったサイトであれば、うちでも頑張れる人材だということで、採用してもらえるチャンスも広がります。学校の課題制作で満足せず、自分の全てを出し切るサイトを制作しましょう。

webデザイナー未経験でもなれるwebデザイナー未経験からなる

勉強する気持ちがあることをアピールせよ

また、勉強する気持ちがあることをアピールすることも大切。javascriptやjQuery、PHPなども使ったwebサイトが作成できると、スキル面でもアピールできます。また、そのような凝ったサイトは勉強する気持ちがあることをアピールすることができます。普通とは違ったサイトを作りアピールすることも大切なのです。単に静的なサイトではなく(html、css)、動的サイト(プログラミング)を作ることで、企業側にもアピールすることができます。やはり、普通では作れないサイトは興味を引くものです。それは、完成していなくてもいいと思います。作品途中でも、頑張っている姿を採用側に見せれば、十分にアピールとなるでしょう。

マイナビでwebクリエイターマイナビでwebクリエイター未経験から

未経験webデザイナーはポートフォリオで光るものを出せ

未経験webデザイナーがポートフォリオを提出するときは、デザイン面、技術面で何か光るものを作ることが大切です。webサイトの中に何か採用側が興味を引くもの、光る何かが必要です。それには、よく揉まれること、考え尽くすことが大切。適当なポートフォリオを提出しないこと。何度も考え抜いたサイトは見る側にも必ず伝わります。現状に満足せずに、常に向上心を持ってサイト制作することが大切です。そうすれば、きっと良いポートフォリオが作成できて、採用されるチャンスも広がるでしょう。

未経験からITg町会で働く未経験からIT業界で働く若者