OLやサラリーマンがキャッシングする際に気をつけるべきことがあります。これからお金を借りたい会社員が何に気をつけるべきなのか、詳しく見ていきましょう。

就職・転職直後はキャッシングできない

借金・キャッシング - 転職直後

まず、今の会社に入社直後・3ヶ月未満の場合は、OLやサラリーマンでも、借入できない可能性があります。なぜかというと、継続的な収入が見込めるとは限らないからです。お金を貸す側にとっては、すぐに辞められれて、安定した収入が得られないかもしれない、というリスクがあります。ですから、転職や就職直後は、お金を借りれない場合が多いのです。

なので、入社したての場合は、少なくとも半年以上経ってから、キャッシングなどに申し込むようにしましょう。入社直後だと、クレジットカードの審査などにも通りにくいでしょう。

過去に債務整理や自己破産した経験がある

借金・キャッシング - 債務整理・自己破産

また、過去に債務整理や自己破産した経験がある場合は、借入などの審査が通りにくい場合が多いです。自己破産した場合は、7~10年経過しないとキャッシングするのは難しいでしょう。また、債務整理した場合もしっかり完済してから、少なくとも5年以上経過しないと、借入などするのは難しいでしょう。

過去に借金を延滞したことがある

借金・キャッシング - 借金の延滞

また、過去に借金の延滞をした場合も、借入が難しいです。延滞した記録は「個人信用情報」に残されています。自分でも気づかないうちに、少額の延滞をしていることがあるかもしれません。なかなか借入できない場合は、過去の記録を探ってみましょう。「個人信用情報」を扱っている期間に問い合わせて見てください。

既に他社に借入している

借金・キャッシング - 複数社借入

既に複数社に借入している場合は、なかなか審査が通らないことがあります。借入していることは、金融会社も調べればすぐにわかります。何社も借入している人は、「返済能力がないのでは?」と見られて、なかなか借入できないこともあるのです。

OLやサラリーマンでも借入できない場合もある

借金・キャッシング - サラリーマンやOLの借入

以上のように、OLやサラリーマンでも借入できないケースもあります。上記の内容に自分が当てはまっていないかどうか、よく確認してみましょう。また、お金を借りる場合は、その後の返済方法やスケジュールについても、よく考えておくことです。無理のない範囲でお金を借りるようにしましょう。