会社員がキャッシングする場合、誰でもお金が借りられるわけではありません。どのような点に気をつけるべきなのか、詳しく見ていきましょう。

過去にローンや借金返済の延滞があると借りにくい

借金返済の延滞がある

たとえば、過去に借金返済の延滞があったりすると、「信用情報機関」に記録されて、審査が通らないことがあります。もし、会社員の方でなかなかキャッシングの審査が通らない場合は、カード会社が利用している「信用情報機関」に問い合わせ、過去に延滞がないか調べてみましょう。

少額の延滞でも、記録として残されます。気づかぬうちに、ローンや借金を延滞している可能性もあるので、よく調べてみましょう。

在職期間が短いと借入できない

在職期間が短くて借入できない

また、会社員の方でも、例えば入社して3ヶ月未満など、在職期間が短いと借入できない場合があります。それだけ、しっかり収入が継続的にあるのか、不透明だからです。ですから、最低でも半年以上、今の職場で働いてからの方が、借入しやすいでしょう。入社や転職したばかりだと、借入することはなかなか難しいのです。

過去に個人再生・債務整理などをしている

個人再生・借入

会社員の方でも、過去に個人再生や債務整理などをしている場合、完済してから10年ほど経過しないと借入が難しいとも言われています。ですから、すぐにお金を借りるのはなかなか難しいでしょう。ただ、クレジットカードや消費者金融などならば、完済から5年ほど過ぎると利用できるとも言われています。

いずれにしろ、債務整理などした場合は、ある程度の期間は借入が難しいと思った方が良いでしょう。

会社員は必ずしも借入できるわけではない

会社員は必ずしも借入できるわけではない

以上のように、会社員は必ずしも借入できるわけではありません。過去に延滞していたり、転職して間もなかったり、債務整理などしていると、なかなか借入・キャッシングできない可能性もあります。そのような条件に当てはまっていないか、考えてみましょう。