借金をなかなか返すことができない。借金を返せない、返さないとどうなるのか、詳しく見ていきましょう。

借金を返さないと差し押さえされることも

借金・キャッシング

もし、借金をしても、返さない場合は、差し押さえされることもあります。給料を得ている場合は、給料が差し押さえされることもあるのです。また、家や財産を失う可能性もあります。借金をして返さないでいると、給料差し押さえや、財産を失う可能性があるので、注意しましょう。

借金の時効は5年と言われているけれども

借金の時効は5年とも言われていますが、金融業者もプロなので、あの手この手で時効中断してきます。ですから、借金をして時効を狙っても、時効は成立しない場合が多いです。

いつまでも催促や取り立てされる

借金・キャッシング

また、借金をして返済しないでいると、催促状が届き、自宅まで取り立てに来る場合が多いです。電話は毎日のように鳴り響きます。また、家族や実家にも電話が入る可能性があり、家族にも大きなストレスを与えてしまいます。さらに、勤務先にも取り立ての連絡が入る可能性が高いです。

そうなると、仕事をクビになる可能性もあります。また、上記でもお話した通り、給料が差し押さえられる可能性があるのです。

借金に借金を重ねる多重債務者

借金・キャッシング

借金が支払えないと、また借金をして返済しようとします。まさに自転車操業になり、借金はどんどん膨らんで行ってしまうのです。多重債務者は、借金返済ができなくなる可能性がかなり高いです。

異常な高さの利息

借金・キャッシング

また、銀行ローンに比べて、カードローンは異常なまでの利息の高さです。銀行ローンが2~3%台に対して、カードローンなどは18%近くまで金利が上がります。ですから、巷のカードローンで借りると、利息を支払うのに一杯一杯になってしまい、元金がなかなか減らないのです。

ただ、銀行ローンよりも、金利が高いカードローンの方が、審査が厳しくなく、すぐにお金が借りやすいために、どんどん借金してしまう人も少なくないのです。ただ、借りた後には高い利子が待っています。また、延滞をしてしまうと、さらに高い金利が発生してしまい、ますます返済できなくなり、他のカードローンを利用して借金を重ねることになってしまうのです。

返済が厳しいのであれば弁護士に相談しよう

借金・キャッシング

もし、借金返済が難しいのであれば、弁護士に相談してみることをオススメします。債務整理を行えば、借金が減額される可能性もあります。また、弁護士が入ることによって、金融会社との和解が成立するまで、借金返済しなくてよくなります。

これまで、毎月多くの金額を借金返済に充てていて、それでもなかなか借金が減らずに苦しい思いをしている方は、弁護士への相談を考えるべきです。

なぜ司法書士でなく弁護士が良いのか

借金・キャッシング

借金問題については、司法書士でも弁護士でも担当できますが、司法書士の場合は金額などに制限があるのです。司法書士は高額な借金返済の担当をすることはできません。それに比べて、弁護士の場合は金額制限なく、借金問題について相談できます。また、金融会社も弁護士が加わると、態度を変えてきます。これまで威圧的な態度だったのが、急に大人しくなるのです。

それは、弁護士が入ることで、下手なことをすると自分たちの立場が危うくなるからです。また、弁護士から各金融会社へ「受任通知」が送られると、交渉成立するまで、取り立てや借金返済させることができなくなるのです。なので、弁護士が借金問題に介入することで、取り立てをやめさせ、和解成立まで借金返済をストップさせることができるので、精神的にも金銭的にもだいぶ楽になるのです。

毎月の支払い額が大幅に軽減される

借金・キャッシング

それだけではありません。債務整理をすることで、借金額が大幅に軽減される可能性もあります。また、毎月10万円近く支払っていた借金を、2~3万円まで抑えられる可能性があるのです。弁護士が介入することで、過払い分の見直しや利息の見直しが行われ、以後の利息の支払いを免除される可能性もあります。特に長期にわかった借入や借金返済をしていた方ほど、弁護士へ債務整理の依頼をすべきなのです。

任意整理ならば、手続きも簡単で迅速に進む

借金・キャッシング

債務整理も任意整理や個人再生や自己破産がありますが、任意整理の場合は、裁判所への手続きは必要ないので、弁護士が各金融会社との交渉だけで債務整理を行うことができます。手続きも比較的簡単で、自己破産のように全財産を失う必要はありません。仕事をして定期的な収入がある人ならば、無理ない返済プランを立てて、借金の見直しを図ることができるのです。

自身の財産を残しつつ、こつこつ借金を返していきたい方にはオススメです。任意整理は自分でもできるのですが、素人が行っても、金融会社に歯が立ちません。やはり、債務整理に詳しい弁護士へ依頼するのが一番なのです。また、弁護士にも交通事故や刑事事件や離婚問題など、他の分野を得意とする弁護士もいます。

債務整理に詳しい弁護士へ依頼する

ですから、なるべくこちらが有利になるような債務整理をするならば、債務整理に詳しい弁護士へ依頼すべきなのです。やはり、債務整理に得意な弁護士の方が、交渉がスムーズに進む場合が多いです。ですから、債務整理を依頼するときは、その分野に詳しい弁護士へ依頼しましょう。ちなみに、債務整理に詳しい弁護士は下記でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

借金は返せないものではない

借金・キャッシング

借金が大きく膨らむと、返せないのではないかと思うかもしれません。けれども、借金は返せるものなのです。今は、利息や借金金額が無駄に膨らんでいる可能性があります。いつまでも借金返済で苦しまないためにも、一度、弁護士へ相談してみましょう。自分が思っているよりも、事態は簡単に解決するかもしれません。一人で悩まずにまずは相談してみることです。