お金がなくても大学へ行けるの?

お金がないけど大学へ行きたい

お金がない人でも大学に行きたい人は多いでしょう。高校生だと大学進学を考えます。でも、親の経済的な事情により進学を諦めてしまう学生も多いのです。お金がないけど大学で勉強を学びたい、そのような学生は大学進学することはできないのでしょうか。

私立大より国立大の方が授業料が断然安い

授業料を考えると私立代よりも国立大の方が断然安いです。およそ4分の1とも言われているので、だいぶ学費を安くすることができます。もし、お金がないけど大学へ行きたいならば、学費の安い国立大学を目指すと良いでしょう。ただし、国立大学は偏差値が高く人気です。勉強量が必要になりますので、簡単に入れないので、それなりの努力が必要でしょう。

奨学金を使えば、入学費や年間授業料が全額借りられる

では、本当にお金がない人は大学に行けないのかと言えば、そうではありません。実は大学には様々な奨学金があり、奨学金を使えば、入学費や授業料など全額借りることができるのです。なので、在学中は特にお金がなくとも大学で授業を受けることができます。奨学金は社会人になって返せばいいのです。なので、生活費や雑費のみアルバイトで稼げばいいでしょう。お金がないと授業料など払えず、大学に通うことができないと言われていますが、奨学金を使えば、お金がない状況でも大学に通うことができます。

受験料はどうしても一校35,000円程度かかる

ただし、入学受験料はかかってきます。一校あたり35,000円程度かかり、これは奨学金で賄えないので結構な支出になるでしょう。10校受験すると、350,000円にもなります。これは、親やもしくはアルバイトで捻出する必要があるでしょう。でも、大学進学時にかかるお金と言ったら、受験料くらいです。あとは、一時的に借りることができます。

奨学金制度を知らない人も結構いる

このように大学奨学金制度で借金して大学進学する方法をお伝えしましたが、奨学金制度を知らない人は意外と多いのです。お金がないので大学に行けない、大学に行く人はみんな金持ちだと言われたりもします。しかし、実際はお金がない人でも大学に入っているのです。経済的な理由で大学進学を諦めている人は、ぜひ奨学金制度を検討してみましょう。

お金がなくても大学へは行ける

以上のように、大学進学についてお話ししてきました。お金がないけど、大学へ行きたい人は、奨学金を利用して大学進学すると良いでしょう。社会人になれば、お金はいくらでも返せるので、若いときの勉強を重要視して、大学進学を目指しましょう。

お金がない人が借りれる金融機関はこちら!