限界地点に来てるお金のなさ

限界までお金がないなら誰かに借りる

やばい残高ゼロで、手持ち20円しかない、という限界まで来ているお金がない状況のときは、精神状態もかなりいっちゃってます。不安定を通り過ぎて、ある意味麻痺状態かもしれません。眠れず、体もボロボロ。こんな時に気をつけることが、犯罪に手を染めないこと、そして死なないこと。

極限まで精神的に追い込まれると、理性も限界に来て、犯罪に手を染めようとします。けれども、これはやめた方がいい。犯罪をすると刑務所行きでとりあえずは生活できるかもしれない。けれども、根本的な問題は変わらない。自分の力で生きていかなければいけないのです。それから逃げてはいけない。また、命を落としても意味がない。それも逃げでしかない。そして残されたものには無念さしか残らない。命を絶つことはいつでもできる。せっかくなら、思う存分生きればいい。

仕事もないなら一時的に借金しよう

本当に仕事もなく、限界地点まで来ているのならば、借金しよう。お金がないなら、一時的にでも借金してお金を得る。そのお金で次の生活の準備をする。

違法な金利は今はない

限界までお金がないけど、借金をすると金利が強いと思うかもしれない。けれども、昔と違い今は金利の規制も厳しく、法外に高い金利設定はありません。なので、普通に働けば返せる金利なので、安心してよし。

借金や利息は働いて返せばいい

借金や利息は働けば、十分に返せます。本当に限界までお金がないならば、まずは借金してでも一時的にお金を得ましょう。そうすれば、現実世界で生きることができる。まずは、生きるために食べなければいけない。生活する必要がある。前を向くためにも借金して現金を得よう。

これまでの意識をぶっ壊せ

そして、借金してお金を得たら、これまでの意識を変えなくてはいけない。どうして限界までお金がなくなってしまったのか。ギャンブルや浪費をしていなかったか、現実から逃げていなかったか、自分で考える必要がある。そして、新たな気持ちで行動する。自分ではどうしようもないなら、環境を思いっきり変えてみる。誰かの力を借りる。本気で変わる機会を自分で探すことが大切。限界までお金がないのは、ある意味で自分を変えるチャンスかもしれない。今が人生の岐路だと思い、本当に自分と向き合おう。

お金がない人はこちらで借入できます。