フリーランスで稼ぐためには、ひたすら仕事をする必要があります。悩んだり迷ったりしているくらいならば、ひたすら行動するべきです。

突然将来について不安になる

将来について不安になる

フリーランスで伸び伸び仕事をしているつもりでも、突然将来について不安になることがあります。このまま漠然と仕事をしていてよいのか、将来安定して生活を送ることができるのか、という不安ばかり抱いてしまうのです。

しかし、不安を抱いていても、一円にもなりません。不安で止まってしまうくらいならば、手を動かして、仕事をした方が良いのです。金を稼ぐためには、一心不乱になり、ひたすら仕事をすることです。

不安を抱けるうちはまだ余裕がある

不安を抱くうちは、まだ余裕があるということです。本当に仕事が忙しかったり、仕事に打ち込んでいたら、不安など抱く暇もなく、仕事をすることになります。不安を感じるということは、まだまだ仕事に本気で打ち込んでいないのです。余裕があるということです。

フリーランスでお金を稼ぐならば、仕事だけに集中することが必要です。暇になったらどうしようとか、将来についての不安ばかり考えるのではなく、目の前の仕事に真剣に打ち込むことです。

本気で営業しているのか

本気で営業しているのか

今現在、仕事がそれほどない人は、本気で営業しているのか、よく考えてみてください。ただ、漠然と仕事を待っていないでしょうか、営業した気になっていないでしょうか。本当に仕事が欲しい、稼ぎたいならば、必死に営業するべきです。

本気で足でも動き、人脈を作る。また、次の仕事にもつなげられるように、良い仕事をすることです。不安を感じているのは、まだまだ行動していないからです。人間必死になれば、まだまだ行動できます。下記でも、フリーランス向けのサイトを掲載しているので、仕事がないかどうか、チェックしてみると良いでしょう。不安に感じるくらいならば、行動に移すべきです。