フリーランスで仕事をする人が思うこととして、福利厚生がないことでしょう。会社員ならば、会社が守ってくれるので、福利厚生があります。年金や保険などを、会社側が半分負担してくれるところが多いです。

しかし、フリーランスになると、年金や保険などを、すべて自分が負担しなければいけません。フリーランスになると、自由に仕事ができる反面、誰からも守ってもらうことができず、一人で仕事をしなければいけないのです。

フリーランスは休むことができない

フリーランスは休むことができない

フリーランスは仕事をすればお金になりますが、仕事を休めば、当然稼ぐことができません。つまり、フリーランスになると、休もうと思っても、仕事のことが気になり、ゆっくり休むことができないのです。常に仕事のことが気になります。会社員だと休みが待ち遠しくなりますが、フリーランスだと、休みのありがたみを感じなくなってしまうのです。

フリーランスは将来が不透明

フリーランスは、昇給も退職金もあるわけではないので、非常に不透明な中、働かなければいけないのです。将来のことはわからず、ただ毎日の仕事をこなしていかなければなりません。

いつまでも仕事があるとは限らない

いつまでも仕事があるとは限らない

今ある仕事が、いつまでもあるとは限りません。顧客は減っていく可能性があり、将来稼げなくなる可能性もあります。フリーランスは自由に仕事ができることもありますが、将来に対する漠然とした不安もあるのです。

それでもフリーランスにはやりがいがある

フリーランスについての不安要素をお話ししてきましたが、それでもフリーランスには、やりがいもあるということです。自分のしたい仕事ができる、自分のスキルを高めることができる、メンドクサイ人間関係に悩まされる必要がない。本当に自分がやりたいことに集中できるのもフリーランスの良さです。

また、今はフリーランス専門のサイトもあり、週2〜3日勤務で福利厚生も付く案件を受けることもでいます。フリーランスと正社員のいい所どりをした働き方もできるので、ぜひ下記のおすすめサイトもチェックしてみると良いでしょう。