これからフリーランスでやっていきたいひともいるでしょう。

フリーランスで生きて行くことについて、お話していきます。

フリーランスで生きていけるか不安

フリーランスで生きていけるか不安

フリーランスを経験したことがないひとは、フリーランスでやっていけるのか、不安に思うこともあるかと思います。

意外とどうにかなる

しかし、実際にフリーランスになると、意外とどうにかなるものです。

フリーランスになる前は、本当に独立してやっていけるのか、不安に思うかもしれませんが、いざなってみると、意外とどうにかなったりします。

行動力と営業力は身につけておこう

ただし、もしフリーランスになるならば、行動力と営業力は身につけておくといいでしょう。

これらがあれば、たとえスキルがなくとも、うまくいくことがあります。

結局は、フリーランスで生きていけるかは、仕事が得られるかどうかです。

そのためにも、行動力と営業力は必要です。

仕事が得られる人脈が築ければ、十分フリーランスとしてもやっていけるはずです。

贅沢はできない覚悟で

ただ、会社員のときのように毎月安定した収入が保証されているわけではないので、あまり贅沢はできないかもしれません。

特に仕事がないときは、質素な生活を強いられるかもしれませんが、それでも生活していくことは可能です。

探せば仕事はある

フリーランスの仕事は、探せばいくらでもあります。

いくらでもあるのですが、しっかり探していないひとも少なくありません。

例えば、クラウドソーシングサイトを利用して、仕事を探すのもいいでしょう。

フリーランスとして、生活していきたいならば、貪欲に仕事を探すことです。

モチベーションの維持が大事

また、フリーランスになると、基本一人で仕事をすることが多くなるので、モチベーションの維持が大切になります。

話し相手がいなく、誰かに相談できず、セルフコントロールが難しくなるときもあるかもしれませんが、それでも集中して目の前の仕事をこなしていくことが大事です。

貯金はしておこう

あとは、ある程度安心して生活していくためにも、貯金はしておくといいでしょう。

フリーランスは、いつ仕事が途絶えるかもわからないので、万が一のときのためにも、貯金はあった方が安心できるでしょう。

最悪また会社員に戻ればいい

そして、もし仕事が得られずフリーランスで生きて行くのが難しくても、最悪の場合はまた会社員に戻ればいいのです。

会社員に戻ったからといって地獄が待っているわけではなく、フリーランスのスキルも生かせます。

そして、またある程度会社員の経験を積んだ上で、再度フリーランスに挑戦するのもいいでしょう。

いろいろな選択肢を持っていた方が、安心できることもあるはずです。

悩んでも、経験してみないとわからない

悩んでも、経験してみないとわからない

いずれにしても、悩んでいるだけでは何も始まりません。

フリーランスになりたいのであれば、まずはフリーランスになってみるのもいいでしょう。

経験することで得られることもあり、意外とどうにかフリーランスで生きて行くこともできます。

フリーランスになりたいならば、ぜひ挑戦してみるといいでしょう。