コネなしで、一からフリーランスで生活していくのは、結構難しいと思います。

コネがないフリーランスは、生活していくのは難しい

コネがないフリーランスは、生活していくのは難しい

フリーランスで生活していくひとは、最初からコネがある状態から始めるひとが多いです。

やはり、スキル云々よりも、仕事をもらえるかどうかが重要であり、仕事をもらえるひとがいないために、生活するのが難しくなるのです。

なので、フリーランスのひとにとっては、コネがあるかどうかが、生活していくためにも非常に重要なのです。

実際に、スキルはあるのに、仕事がもらえず苦戦しているフリーサンスも少なくありません。

一切コネがないフリーランスが逆転して生き残る方法!

コネクションがないフリーランサー

しかし、一切コネがないフリーランスでも、絶対に生活できないわけではありません。

コネなしフリーランスでも、生き残ることはできます。

では、どうすればコネなしフリーランスが生き残れるのか、下記で詳しくその方法について見ていきましょう。

とりあえず仕事は選ぶな!

まず、コネなしフリーランスが生き残るためには、仕事を選ばないことです。

現在フリーランスで生活が厳しい方の中にも、仕事を選んでいるから上手くいっていないことがあります。

最初は、とにかく仕事を選ばず、もらえた仕事はとりあえずこなしてみることです。

なんでも仕事をしていけば、実績や信頼が得られて、次の仕事につながっていきます。

とにかく動く、営業する

また、仕事がないならば、積極的に動くことです。

自分で営業をして、仕事を探してみましょう。

家にこもりがちなフリーランスの方も、積極的に仕事が得られそうなひとに会ってみるのも良いでしょう。

前職や友人など知り合いに土下座してでも仕事をもらう

前職や友人など知り合いに土下座してでも仕事をもらう

また、前職の知り合いや友人など、少しでも仕事がもらえそうな知人がいれば、土下座してでも仕事をくれないか、お願いしてみることです。

特にコネなしのフリーランスは、泥水啜ってでも生き残っていく覚悟があるか、大切なところです。

必死に動かないと、生き残れないかもしれません。

フリーランスは、楽して稼げるような甘い世界ではなく、競合との生き残りをかけた厳しい戦いを強いられることになります。

コネがないならば、クラウドワークスなどで探す!

もし、全くコネがないのであれば、クラウドワークスなどのサイトを利用してみることです。

最初は単価が低いかもしれませんが、それでも仕事をして収入が得られれば、精神的な負担も少しは軽くなるはずです。

交流会や勉強会にも参加してみる

その他にも、仕事がもらえそうなひととの人脈を築くために、交流会や勉強会に参加してみるのも良いでしょう。

フリーランスで仕事をしていくと、家に引きこもりがちです。

しかし、外の世界に出て、ひとと交流していくことで、仕事がもらえることもあります。

コネがないひとこそ、外にも目を向けてみることです。

単価を上げていく意識を持つ

単価を上げていく意識を持つ

いくら仕事がもらえるといっても、安い仕事ばかりだと、いくら忙しく働いても利益はたかが知れています。

なので、仕事を得つつも、単価を上げていく意識を持つことです。

実績を上げていけば、単価も上げやすくなります。

タイミングを見て、単価を上げていくことも、フリーランスとして生き残るために大切なことです。

ポートフォリオは常に改善する

また、フリーランスの方は、ポートフォリオを持っているでしょうが、古いままにしているひとも少なくありません。

自分の最新のスキルを見せてアピールするためにも、ポートフォリオを改善は定期的に行っていく必要があります。

相手は、ポートフォリオからあなたのスキルを判断することが多いのです。

付加価値をつけていく

また、自分の仕事に付加価値をつけていくことも大事です。

例えば、Webデザイナーのひとでも、プログラミングスキルが身につけば、それが付加価値となり、クライアントにアピールすることができます。

今は、付加価値をつけていく時代です。

競合と同じようなことをしても、仕事はもらえません。

ぜひ、スキルアップの意識を常に持ち、行動していくと良いでしょう。

新たな仕事も取ってみる

見向きもしなかったような仕事でも、自分にできそうならば、積極的に請け負ってみることです。

仕事をしてみると、意外と売り上げが立つこともあります。

コネがなく、仕事がないときは、毛嫌いせずに積極的に仕事を取っていくことです。

顧客と信頼関係を築けるように意識的に動く

フリーランスとして生き残るためには、仕事がもらえそうな顧客との信頼関係を築くことが大事です。

信頼が得られれば、また仕事をくれる可能性が高いです。

常に新規で単発の請負は、継続させていくのが難しいです。

ぜひ、継続した売り上げを得るためにも、顧客との信頼関係の構築を意識して、仕事を行うと良いでしょう。

体調管理もとても大切

また、フリーランスの方は、なかなか外に出ないので、体調面で影響が出てくることが考えられます。

やはり、健康あってこそ仕事ができるので、体調管理は十分気をつけなければいけません。

栄養をしっかりとって、適度な運動を行うことが何よりも大切になるでしょう。

仕事で忙しいからといって、出不精であったり、寝不足であると、後で身体に支障をきたしてしまいます。

一人で仕事をするしかない状況なので、ぜひとも健康管理には注意するようにしましょう。

コネなしフリーランスでも食えないわけではない!

フリーランスの方はコミュニケーション能力も大切

このように、たとえコネなしでも、フリーランスとして生き残ることは可能です。

生き残るためには、積極的に仕事を探していくこと。

そして、期待以上の仕事をこなして、クライアントとの信頼関係を築いていくことです。

地獄見てもいいくらいの腹くくれますか?

地獄見てもいいくらいの腹くくれますか?

頼る存在がいないフリーランスで生きて行くのは、とても大切なことです。

特に仕事がない状態で、新たな仕事を得るには、泥臭い活動も必要になるでしょう。

本当にフリーランスで生計を立てたいならば、地獄を見てもいいくらいの覚悟があるかです。

「社畜を脱して楽して稼ぎたい」というような生ぬるい意識では、失敗する可能性が高いので、フリーランスは選ばない方が良いでしょう。

フリーランスで生き残りたいならば、下手なプライドは捨てて、アグレッシブに動いていくことです。