新型コロナウイルスの影響で、生活が大変になってきているフリーランスも少なくないでしょう。

コロナ禍でフリーランスは、どのように生きていけば良いのか、考えていきます。

コロナの影響でフリーランスの仕事は減るのか?!

コロナの影響でフリーランスの仕事は減るのか?!

新型コロナウイルスの影響で、取引先からの仕事も減っているフリーランスも少なくありません。

今までは、なんとか仕事がもらえていたのか、急にもらえなくなることもあります。

コロナの影響をもろに受けている業界から仕事をもらっていたフリーランスは、その影響の大きさを感じているはずです。

これまでのようには行かない

コロナの影響で、もはやこれまでのようには、行かなくなってしまいました。

フリーランスとして生きて行くのであれば、今後を見据えた行動が必要になります。

収入源は複数確保しておく

まず、収入源はひとつではなく、複数確保しておくことです。

たとえ、大口の太いパイプがあったとしても、いつそれが崩れるかもわかりません。

収入源を一つに絞るのは、今の時代、危険でもあるので、リスク分散させることが賢明です。

自身のスキルを高めておく

また、今までのようには、仕事がもらえない可能性もあるので、今のうちに自身のスキルを高めておくことです。

より高いスキルが身につけば、さらに高収入な案件が得られることもあります。

現状に満足せずに、新たな案件が得られるように、努力していくことです。

決してフリーランスで生きられないわけではない

たとえコロナ禍であろうとも、フリーランスが生き残れないわけではありません。

大切なのは、コロナ禍の状況で、いかに対応できるかです。

コロナ禍で、フリーランスとして生き残るには、変化に対応できることが必要です。

まずは、フリーランス向けの求人も見てみると良いです。

いろいろな情報を得ておくことも、フリーランスとして稼ぐためにも、必要なことですから。