フリーランスで苦労するのは、お金の問題かもしれません。

フリーランスはお金が借りれないときがある

借金・キャッシング

フリーランスになると、会社員のときよりもお金が借りずらいことがあります。

社会的信用力の問題

やはり、会社員のときは守られていたのが、フリーランスとなると後ろ盾がなくなるので、金融機関からお金を貸してもらえないことがあるのです。

現金で外注しなくてはならない

お金を貸してもらえないと、様々な場面で困ることがあります。

例えば、家や車など大きな買い物をしたいときに、お金が借りれないのでなかなか購入することができません。

また、それだけではありません。

例えば、ライターに記事の外注をする際に、支払いを自分のお金でしなければならないことがあります。

そうなると、常に現金が必要となり、お金がないとなかなか外注に何かを頼めないのです。

なので、お金がなく仕事を依頼できないフリーランスも少なくないでしょう。

フリーランスのお金の悩みは、「FREENANCE(フリーナンス)」がオススメ!

そこで、オススメなのが「FREENANCE(フリーナンス)」です。

「FREENANCE(フリーナンス)」は、フリーランスの請求書を即日払いサービスを行っています。

なので、外注したくてもお金がないフリーランスは、「FREENANCE(フリーナンス)」で即日払いサービスを受けることができるので、外注もしやすくなるのです。

また、それだけではなく「FREENANCE(フリーナンス)」は、フリーランス特化型の損害賠償保険「あんしん補償」が全ユーザーに自動付帯されます。

これがあれば、万が一トラブルが起きた際の保険にもなるので、安心できるフリーランスも多いことでしょう。

特に、お金が借りずらいけれども仕事を外に振りたいフリーランスこそ、「FREENANCE(フリーナンス)」を検討してみるといいでしょう。

「FREENANCE(フリーナンス)」の公式サイトは、こちらになります。「FREENANCE(フリーナンス)」

「FREENANCE(フリーナンス)」「FREENANCE(フリーナンス)」