フリーランスでいることが、「めちゃくちゃつらい」と感じるひともいるでしょう。

フリーランスが辛くて辞めたい

フリーランスが辛くて辞めたい

フリーランスがつらいと感じるひとは、今すぐにでもフリーランスをやめたいと思うかもしれません。

辞めるのは悪いことではない

でも、フリーランスを辞めることは悪いことではありません。

むしろ、無理して続けても、うまく行かないこともあります。

人生においては、見極めることも必要でしょう。

仕事がなくて稼げないから、もうやめたい

フリーランスをしても必ずしも稼げるわけではありません。

むしろ、なかなか稼げなくてつらい思いをするかもしれません。

すべて一人でやらないといけないからやめたい

それに、フリーランスはすべて一人でやらなければいけないので結構大変です。

制作だけではなく、営業や経理など、いろいろなことに頭を働かせなければなりません。

会社員のときは、制作だけに集中できたかもしれませんが、そういうわけにもいかなくなるのです。

常に孤独だからやめたい

また、フリーランスは一人で仕事をすることが多く、何かと孤独も感じやすいものです。

なので、誰かと話さないと気が済まないひとにとっては、フリーランスの仕事はつらいかもしれません。

将来の不安が尽きないからやめたい

また、いくらフリーランスで頑張っても、将来が保証されているわけではありません。

いつ仕事がなくなるかもわからず、不安がつきまとうこともあります。

家族に迷惑かけるからやめたい

特に家族を持っていると、仕事がうまくいかなくなって、家族に迷惑をかけるかもしれません。

そう思うと、なかなか夜も眠れず、体が休まらないこともあるでしょう。

フリーランスが合う合わないもある

やはり、フリーランスの仕事は合う合わないもあります。

誰にでも合う仕事というわけではなく、当然リスクもあるので、やめたいのであれば無理に続ける必要もないでしょう。

諦める前に、最後にもう一踏ん張りもあり

諦める前に、最後にもう一踏ん張りもあり

ただし、辞める前に、まだ余力があるのであれば、最後にもう一踏ん張りするのもありだと思います。

もし、あとで後悔しそうならば、今のうちにやれることをやっておくことです。

それでうまくいくかはわかりませんが、どうせ辞めるならば、最後まで全力を注ぎ後悔ないくらいまでするといいでしょう。

そうすれば、たとえ結果が出なくても、きっとある程度納得はできるでしょう。