会社を辞めて、FXで生活費を稼いでいきたいという方もいるでしょう。

FXで生活費を稼ぐことは、不可能ではありません。

しかし、そうなるまでには、相当な経験と努力が必要になるでしょう。

今回は、FXで生活することについて、触れていきます。

FXで生活費を稼げるのか?

fxで生活費を稼ぐ

世の中にはFXで負け続ける人もいれば、FXで大きな利益を得る人たちもいます。

トレーダーの中には、FXだけで生活しているひともいます。

FXは大きな稼ぎを得ることができる反面、大きく負け越してしまうことも多々あります。

FXで生活費を稼ぐことは、そう簡単なことではありません。

相場の動きは常に変化していきます。

誰しも「自分が予想する通りに、相場が動いて欲しい」と思うものですが、なかなか相場は予想通りには動いてくれません。

むしろ自分の予想とは裏腹に、相場が動くことはよくあります。

たとえFXで今日勝てたとしても、明日勝てるとは言えないのです。

今日得た利益が明日一気に飛んでしまう可能性もあります。

スイスフランショックで多くの利益を飛ばした人が急増しました。

このようにFXで稼ぐことは決して簡単なことではないので、FXで生活していくとなると非常に厳しい環境に身を置くことになるでしょう。

いきなり脱サラして、FXだけで食べていくのは難しい

副業でFXをする場合は、「たとえ稼げなくても、本業でお金を稼げるので大丈夫」という心理的余裕があります。

本業があればそこから収入が得られるので、たとえ負けても、なんとか生活を続けることはできます。

しかし、いざFXを本業にしようとすると、負ければ生活ができないわけですから、非常にプレッシャーを感じることになります。

副業でFXをするような、ある程度余裕を持ったトレードがしづらくなります。

常にストレスと戦いながら、激しく動く相場でポジションを置かなくてはいけません。

副業でFXをするときのような余裕さは消えて、日々切羽詰まったトレードを強いられることが考えられます。

また、FXで稼げないひとが、脱サラしても、簡単に稼げるわけではありません。

FXで実績を残していないひとが、いきなり専業になっても、お金が減るばかりで、苦労する可能性が高いです。

特に、家族を持っている方は、家族に迷惑をかけることになるかもしれません。

FXで生活費を稼ぐには、ある程度の資金が必要になる

もし、FXで生活費を稼ぐならば、ひとり暮らしの方でも、月20万円程度は稼ぎたいところだと思います。

しかし、FXで月20万円を継続して稼ぐとなると、ある程度の資金が必要になるでしょう。

もちろん、かなり少額資金でも、FXで月20万円程度稼げないわけではありませんが、それなりのハイリスクを伴うので、負けてしまうと資金をすべて失ってしまう可能性があります。

特に、生活費を稼ぐというプレッシャーの中での取引なので、なかなか冷静に取引することができず、負けてしまう可能性もあります。

精神的なストレスで、夜も眠れないということもあるかもしれません。

そういう状況下で、ハイリスクでトレードをすることは危険なことです。

資金がある程度あれば、少しのpips獲得でも、十分生活することができます。

資金があることで、ある程度の値動きにも耐えることができます。

なので、FXだけで生活できないわけではありません。

ある程度の資金があれば、安定して稼ぐこともでき、FXだけで生活していくことも可能なのです。

ただ、何も考えずにトレードしてしまうと、ギャンブル性も高く、資金を溶かしてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

FXで生活していくならば、資金は500万円以上欲しいところ

もしも、FXで生活費を稼いでいくならば、資金は500万円以上欲しいところです。

これくらいあれば、生活費を稼いでいくことも、それほど難しくはないでしょう。

しかし、普通のひとが資金500万円用意するのは大変なことですし、また初心者が資金500万円からいきなりスタートすると、大損する可能性の方が高いです。

FXで生活費を稼げるようになるために、まず資金を貯めること

FXで安定して生活費を稼ぐには、ある程度の資金が必要になるので、まずは資金を貯めることです。

ただ、頑張って働いても、なかなか資金500万円貯めるのは、難しいと思います。

だからこそ、少額資金でトレードして、コツコツ資金を貯めていくのです。

どんなに最初から資金が多くとも、大きく負けてしまっては、大損するだけです。

まずは、少額資金からコツコツトレードして、お金を増やせるスキルが必要なのです。

これができれば、自然と利益も増えて、利益を資金に回せば、資金もますます増えていき、数百万円まで増やすことも可能です。

なので、FX初心者の方は、最初から生活費を稼ごうとはせずに、まずは少額トレードで小さな利益を積み上げることが大事です。

焦ると、FXでは負けることが多いのです。

コツコツ地道にトレードして、勝利を重ねていくことが、FXで稼ぐためにも大切なことです。

少額資金の方は、ハイレバレッジでトレードできる、海外口座がおすすめ!

もし、少額資金で稼ぎたいならば、国内よりもハイレバレッジでトレードできる、海外口座がおすすめです。

国内だと、レバレッジ25倍制限がありますが、海外ならば1,000倍近くのハイレバレッジでトレードできます。

つまり、少額資金でもトレード次第で、十分に稼ぐことができるのです。

資金が少ないと、なかなか国内口座でトレードしても、レバレッジも低いため、生活資金を稼ぐのは難しいでしょう。

なので、一気に稼げる可能性のある、海外のFX会社がおすすめです。

海外のFX会社ならば、入金額の倍でトレードすることも可能です。

また、口座開設だけでも、ボーナスがもらえることがあります。

資金が貯まったら、国内口座でトレードすれば良い

そして、海外のFX会社でトレードして、数百万円単位である程度資金が貯まったら、国内のFX会社でトレードして、安定して稼いでいけば良いのです。

いわば、海外のFX会社は、資金を増やすために利用すれば良いのです。

少額トレードが行えるため、たとえ資金を溶かしても、いくらでも挑戦することができます。

FXで稼ぐためには、トレード経験を積むことも非常に大切です。

だからこそ、資金がなく、FXで勝てていないひとは、少額資金でコツコツトレードすることをお勧めします。

相場予想が外れたら、損きりを行うこと

相場予想が外れた場合は、損失を大きくしないためにも、損きりを行うことです。

特に、FX初心者の方は、なかなか損きりできずに、含み損を抱えて大損してしまうことが多いのです。

含み損を抱えたところで、相場は元に戻らないことが、往々にしてあるので、的確な損きりが重要になります。

FXで生活費を稼ぐためには、慌てないこと

FXで生活費を稼ぐためには、慌てないことです。

慌てると、無駄にエントリーして負けやすくなります。

冷静にコツコツ稼ぐことが大事です。

コツコツ利益を重ねられれば、ゆくゆくは生活費を稼げるようになるので、まずは小さく勝つことを心がけると良いでしょう。