FXで勝つためには、恐怖心に打ち勝たないといけません。FX投資をしようとするときに、どうしても恐怖心との戦いがあります。FXで勝つには、恐怖心と向き合うことも大切なのです。

FX投資をする際の恐怖について考える

FXには恐怖心との戦いがある

FX投資しようとすると様々な恐怖と戦わなければいけません。まず、一つあげられるのがお金を失う恐怖です。FX投資では、画面上の数字がいとも簡単に動き、あっという間に損失を膨らませてしまうことがあります。取引を通して、いつ損失を出すかわからないのです。というよりも、FX投資は失敗しやすく、損失を出しやすいもの。どんなに気をつけていても、損失を出してしまうことがあります。

FX投資をする際には、損失を出すことの恐怖と戦わなければいけません。誰しも、大切なお金を失いたくないものです。しかし、FXではリスクをかけないとお金を稼ぐことはできません。失う恐怖に打ち勝てば、勝つチャンス、利益を上げるチャンスが得られます。恐怖心に踊らされることなく、冷静に見つける視野が必要になるのです。

稼ぐチャンスを失うという恐怖心

取引をしていないと、稼ぐチャンスを失ってしまうのではないかという恐怖心を感じることがあります。あたかも、取引していないと、損しているかのような錯覚に陥るのですが、現実的には無駄な取引を行うことで、損を出していることも考えられるのです。稼ぐチャンスを失うという幻の恐怖心に打ち勝つことが大切です。稼ぐチャンスはいくらでもあり、不必要に取引する必要はないのです。

利益がなくなる恐怖心

FX - 利益がなくなる恐怖心

FX投資をしていて、たとえ利益が生まれても、マイナスに転じて利益がなくなる恐怖心からか、早すぎる利益確定をしてしまうことがあるのです。もう少し粘れば、より大きな利益を生み出せたものの、利益を引っ張ることができず、早めに利益確定してしまうのです。取引をしていると、このような恐怖心から、せっかくのチャンスを無駄にしていることもあります。なるべく多くの利益を得るならば、焦らずに相場の様子を見ることも大切なのです。

損きりできない恐怖心

ポジションが持ち堪えられるのであれば、損きりせずに、含み損を抱えながら取引を行うこともできます。しかし、損きりしないでいても、いつかロスカットしてしまうことがあるのです。損きりをしない行為は、財産を失う行為につながりかねません。損きりしなければ、財産を失わないように思うかもしれませんが、将来的に大敗してしまうきっかけになるので、こまめに損きりをした方が、資産を守ることができるでしょう。

FX投資ではメンタルを鍛えることが重要

FX投資ではメンタルを鍛えることが重要

FX投資で勝利を得るためには、メンタルを鍛えることが何よりも大切になります。恐怖心に打ち勝つこと。恐怖は、いわば幻想でしかありません。自分の感情をうまくコントロールできれば、恐怖心に打ち勝つことができるでしょう。逆に、相場の動きを感情的に捉えてしまうと、恐怖に打ち勝つことはできません。FXで勝つためには、いかに恐怖心を克服するかが重要なのです。それには、感情をコントロールできる力が必要になるでしょう。