FX投資で何か大切かとうと、やはりなんといっても資金管理です。資金管理ができないと、退場するリスクはかなり高いでしょう。FX投資を行う場合は、どのように資金管理をする必要があるのか、詳しく見ていきましょう。

資金管理は自分の資金を踏まえて取引をしろということ!

資金管理を守ろう

ここでいう資金管理とは、自分で用意した資金力を踏まえて投資をしろということです。自身の資金力以上に取引をしてしまうと、相場から退場させられてしまう可能性が十分にあります。

資金力が大切

具体的にどういうことか上記をみてください。例えば、一つの取引で2%までの損失に抑えた場合、資金力は98%残るのでまだまだ余力があります。しかし、1回の取引で50%損失を出した場合、余力は50%しかないので、もう余力が少ない状況に陥ってしまいます。

つまりここで何が言いたいかというと、一つの取引で資金力を無視したポジションを持つなということです。理想的な取引は、一つのトレードで損失は2%以下で行うことです。

これ以上の損失を一つのトレード(取引)で抱えてしまうと、あとで挽回するのが難しくなります。トレードでは、いかに損失を少なくするかが大切なのです。

FX投資では生き残ることが大切

投資で100%勝つことは非常に難しいことです。誰しもが負けることを経験します。ですから、負けたときの損失を少なくすること。一つのトレードでのリスクをなるべく少なくすることです。

FXでは一発勝つことではなく、勝ち続けることが大切。それには負けを少なくすること。そして、損失を少なくすることです。だからこそ資金管理を徹底して、退場しないようなトレードを心がけることです。

人は気が大きくなると、ついつい大きく儲けようとか考えがちです。大きく儲けようとすると、大きく損をしがちです。だからこそ、リスクを少なく、小さくトレードをしていきましょう。投資で大切なのは、コツコツ勝利を重ねることです。一発大きく勝てば良いわけではありません。