FXで勝つ・儲かるひとの割合はどのくらいなのか、詳しく見ていきたいと思います。

どのくらいの割合で稼いでいるトレーダーがいるのか、気になる方はぜひ参考にしてみると良いでしょう。

FXで勝つ・儲かるひとの割合はどれくらいなの?

FXで儲かるひとの割合はどれくらいなの?

ズバリ、FXで儲かるひとの割合は、1割以下と言われています。

つまり、10人中で1人しか勝てていないということです。

もちろん、この情報が必ずしも正しいとは言い切れませんが、それでもFXで稼いでいるトレーダーは少なく、勝つのはなかなか難しい世界なのです。

多くのトレーダーが負けている

FXで儲かっているひとは、1割以下ということで、実際には9割以上の方が負けていることになります。

FXで勝てているひとは極めて少なく、なかなか稼げない現実がわかると思います。

どうすればFXで儲かるトレーダーになれるのか

どうすればFXで儲かるトレーダーになれるのか

では、どうすれば1割以下の勝ち組トレーダーになれるのか。

それには、9割以上の負け組トレーダーとは違う行動をすることです。

真剣にFXに取り組んでいないひとも多い

FXで勝てないトレーダーの中には、真剣にFXに取り組んでいないひとも少なくありません。

「簡単に勝てる」と誤解をして、FXを始めるひとも多いのです。

これだけ多くのトレーダーが負けている世界では、安易な気持ちでFXを始めても勝てるわけではありません。

FXで儲けるためには、真剣にFXに取り組む必要があるのです。

なので、FXについてしっかり勉強する必要があります。

例えば、ライントレードを学ぶことで、相場の予想も立てやすくなります。

FXで儲けるためには、しっかり対策を練る必要があるのです。

負けから学ぶことも大切

また、FXで稼ぐトレーダーも常に勝てているわけではありません。

時には負けることもあります。

しかし、負けてもダメージを最小限に抑えるために、損きりをタイミングよく行います。

また、ただ負けて終わるのではなく、対策を行い、次の取引に生かしていくのです。

FXは、負けても、そこから何かを学び、次の取引に生かすことが大事なのです。

予想が外れることは誰しもあることです。

しかし、それで終わりではなく、どうすれば次は勝てるようになるのか、研究して次に生かすことが大事なのです。

大衆心理とは逆を行く

FXは9割以上のトレーダーが負けているとも言われている世界なので、FXで勝つためには、大衆心理とは逆のトレードを行う必要があります。

大衆心理が「今は買い」と思えば、その逆の売りから入るのです。

もちろん大衆心理通りに相場が動くこともあるでしょう。

しかし、往々にして、相場は大衆心理の逆に動くことが多いです。

なぜならば、多くのトレーダーのポジションを狩った方が、それだけ多く稼げるからです。

実際に、巨大な投資機関は、AIも駆使して、相場の騙しを生み出し、多くのトレーダーのポジションを狩ろうとします。

なので、FXで稼ぐためには、大衆心理の逆にトレードすることが大切です。

コツコツドカンでやられていく

また、コツコツ勝てていても、ドカンと大きく負けて相場から退場させられるひとも多いです。

そういう方は、たいていうまく損きりができていないひとが多いのです。

大きく負けないためにも、損きりを行うことが大事です。

いつまでも含み損を抱えていると、結局ポジションを持ちこたえられなくなり、大損する可能性が高くなります。

少額資金でトレードを始めると良い

特に初心者の方は、負ける可能性も高いので、最初は少額資金でトレードを始めることをおすすめします。

少額資金ならば、たとえトレードに失敗して、資金を全部溶かしても、また再挑戦して挽回することができます。

FXはレバレッジがあり、少額資金からでも、トレードを行い十分稼げるチャンスがあります。

なので、リスクを加味する上でも、少額資金からトレードを始めることをおすすめします。

FXで儲けるためには、それなりの覚悟が必要

FXで儲けるためには、それなりの覚悟が必要

1割以下の勝ち組トレーダーになるためには、それなりの覚悟が必要になります。

なんとなく気分で取引しても、負けて損失を増やしてしまうだけです。

勝ち組トレーダーたちの養分にならないためにも、真剣にFXに取り組む必要があるでしょう。

本気でFXを学び、取り組んでいけば、勝てる可能性は高くなります。

まずは、少額で良いので取引を重ねて、勝てる手法を確立することが大事です。

取引を重ねて、自身の手法を改善していけば、勝ち組トレーダーの仲間入りができる可能性は高いでしょう。