「キャバクラを辞めたい」と思うキャバ嬢も少なくないでしょう。

キャバを辞めたい

キャバを辞めたい

今回は、キャバを辞めたい女性のために、おすすめの仕事をご紹介します。

また、なぜキャバを辞めたいと思うのか、についても考えていきます。

人間関係が悪い

結構人間関係で悩むキャバ嬢も少なくないです。

やはり、厳しいノルマなどがあると、お客の取り合いや妬みなどもあり、従業員同士の人間関係が悪くなることもあります。

キャバの世界も人間関係で揉めることがあり、それが原因でお店を辞めてしまうひとも少なくありません。

お店の考えと合わない

あとは、お店の経営方針と考えが合わないこともあります。

かなり厳しいノルマやペナルティなどがあり、大きなプレッシャーがかかることもあります。

また、キャバ嬢によっては贔屓されることもあり、理不尽に感じているひともいるかもしれません。

夜遅くまで働くのが辛い

あとは、キャバ嬢は夜遅くまで働くことが多いので、昼夜逆転してしまうことがあります。

そうすると、肉体的にも疲れることがあり、なかなか長くは仕事を続けられないこともあるのです。

プライベートな時間がなかなかない

また、同伴やアフターがあると、さらにプライベートな時間が削られてしまいます。

あまり友人とも遊ぶことができず、自由な時間が取りづらいこともあるのです。

お酒を飲むのが嫌

お酒を飲むのが嫌

キャバクラはお酒を交えての接客なので、お酒を飲まされることもあるかもしれません。

お酒が苦手なひとにとっては、キャバを辞めたいと思うこともあるでしょう。

また、毎日お酒を多く飲むのは、健康的にもよくないことがあるので、注意する必要があります。

酔っ払いを相手にしたくない

酔っ払い客を相手にしたくないこともあるでしょう。

酔っ払い客は、酔いに任せて暴言を吐いたり、不快なボディタッチをしてくることもあります。

そういうのを嫌う女性も少なくないはずです。

しかし、お客なのでなかなか面と向かって言うことができず、ストレスを溜めることもあります。

なかなか稼げない

あとは、キャバ嬢として働いても、お客がつかずなかなか稼げないこともあります。

もしくは、そのお店自体にあまりお客が来ないと、どんなに頑張って働いても、あまり稼げないこともあるでしょう。

将来が不安

また、やはり水商売に対する世間の偏見もありますし、体力的にもいつまで働けるか不安に思うひといるかもしれません。

おそらく水商売の仕事をしている多くの女性は、漠然とした将来に対する不安を抱えているものです。

違う仕事をしてみたい

もしくは、単純に「違う仕事がしたい」気持ちもあるかもしれません。

キャバクラの仕事に飽きてしまった、または他の仕事に興味があるならば、仕事を探してみるのも良いでしょう。

お店を変える

お店を変える

また、今のお店が合わないと思うならば、思い切ってお店を変えてみるのも良いかもしれません。

お店によって、勤務形態も雰囲気も全然違うので、他のお店を探してみるという手段もあります。

ガールズバーで働く

ガールズバーで働く

もしくは、キャバクラではなく、ガールズバーで働く選択もあるでしょう。

ガールズバーならば、キャバクラとは違って厳しいノルマもなく、比較的働きやすい場合もあります。

また、頑張り次第ではガールズバーでも、ある程度稼ぐことができます。

チャットレディの仕事で稼ぐ

チャットレディの仕事で稼ぐ

そして、さらにキャバ嬢におすすめなのは、チャットの仕事です。

チャットの仕事は、男性会員のチャット相手をするのが主な仕事です。

チャットの仕事は、自宅でもでき、好きなときに仕事をすることができます。

特に、時間を拘束されるわけでもなく、自分のペースで仕事ができ、かつキャバよりも稼げることがあります。

チャットの仕事は、必ずしも顔出しする必要はなく、またノンアダルトでも仕事ができます。

特に、男性客を相手に接客してきた女性ならば、チャットの仕事でもその経験がいかせられ稼げると思うので、実はキャバ嬢にもおすすめな仕事なのです。

昼間の仕事に転職する

昼間の仕事に転職する

あとは、将来を見越して昼間の仕事に転職するという道もあります。

確かに昼間の仕事の方が、世間体は良いかもしれません。

ただ、夜の仕事に比べると、やはり稼ぎは少なくなるでしょう。

なので、昼間の仕事をするならば、さらに副業で稼ぐ方法を探した方が良いかもしれません。

稼ぐ方法はいくらでもある

稼ぐ方法はいくらでもある

以上のように、キャバを辞めても稼ぐ方法はいくらでもあります。

なので、今のお店を辞めたいと思ったら、辞めるのも良いでしょう。

無理して仕事を続けても疲れるだけなので、違う道を探した方が良いかもしれません。