この記事を読んでいるひとは、FXに興味あるけれども、やらない方がいいのか、迷っているひともいるでしょう。

また、過去にトレードをして損をし、FXをやめたけれども、また始めてみようか、考えているひともいるかもしれません。

この記事を書いている本人もFXで100万円以上溶かした経験があるので、その気持ちはわかります。

しかし、FXをすることを諦めてしまったら、それ以降、FXで稼ぐことはできないでしょう。

また、FXは必ずしもギャンブルではなく、資産を失うものではなく、稼げる投資でもあるのです。

本当にFXをやらない方がいいのか

本当にFXをやらない方がいいのか

FXは、確かにトレードで失敗して、損をすることもあります。

稼げないこともあるでしょう。

でも、稼げないひとがいる一方で、FXで稼いでいるひともいるのです。

また、FXで損をしてしまうひとは、様々な理由があります。

FXで損したひとは、本当に勉強して努力していたか

FXは簡単に勝てるものではありません。

もし簡単に勝てるならば、こんなに投資でお金を失っているひとはいないでしょう。

FXで勝つためには、必死に勉強なり研究なりして、勝てる投資方法を確立していくことなのです。

FXで損をして諦めてしまっている方は、本当に勉強して取引を行っていたでしょうか。

なんとなく気分で取引して、それで負けてしまって、FXを諦めてしまうひとも多いのです。

多くのひとは、なんとなくFXを始めて、適当にトレードして、負けてしまうのです。

FXで勝つためには、相場をよく見て研究し、トレードする必要があります。

勝つために必要な基本的なことをせずに、負けて諦めてしまうひとが、あまりにも多いのです。

周りの意見に惑わされない方が良い

なので、「FXはやめた方が良い」「FXは稼げない」と言っているひとは、本当に努力をせずに、表面的な経験でしか、言っていない可能性があるのです。

FXは、本当に真剣に取り組めば、稼げるチャンスは十分にあります。

そして、うまくトレードをすれば、本業以上に稼げる可能性もあり、FXで人生を変えていくことも十分に可能です。

なので、FXで稼げるかどうかを判断するのは、あなた自身で経験して、判断した方が良いでしょう。

少額資金で始められるのが、FXの良さである

FXの良さは、他の投資とは違って少額資金で始められることです。

株式投資や不動産投資の場合だと、かなりの資金が必要になることがあります。

しかし、FXにはレバレッジというシステムがあるため、わずかな資金でもトレードして稼ぐことができるのです。

投資を始めたいけれども、なかなか資金が用意できないひとも、少なくないと思います。

そういう方こそ、少額資金でトレードが始められるFXがオススメなのです。

最初は少額でトレードした方が良い

最初は少額でトレードした方が良い

そして、最初は少額でトレードした方が良いでしょう。

なぜならば、特にFX初心者の場合は、自身の手法も確立していなく、負けやすいからです。

最初から大金でトレードしても、負けて大損する可能性が高いです。

ですから、最初こそ少額資金でトレードした方が良いでしょう。

少額ならば、たとえ負けて資金を溶かしても、いくらでも挽回することが可能です。

資金は、勝てるようになってから、増やしていけば良いのです。

正確なラインが引けることも大事

FXで稼ぐためには、正確なラインが引けることも、大切なことです。

ある程度、正確なラインが引けていれば、相場の予想が立てやすくなるはずです。

また、自分の投資スタイルも見えてきて、利益を上げやすくなるでしょう。

ぜひ、また投資をする際は、ラインの引き方にも注意しておくと良いでしょう。

デモトレードの結果はあてにはならない

これからFXを始める方は、デモトレードから始めようと思うかもしれません。

リアルトレードは資金を失う可能性もあるので、デモトレードで練習を積みたくなるかもしれませんが、デモトレードの結果は、あまりあてになりません。

なぜならば、実際のトレードとデモトレードでは、プレッシャーなど精神状態が全く違うからです。

いくらデモトレードで良い結果を残せたとしても、実際のトレードで同じことができるわけではないのです。

なので、デモトレードで練習するよりも、トレードの仕方がわかったら、実戦で経験を積んだ方が良いでしょう。

FXは余力を持たせることが大事

FXで勝つためには、余力を持たせることが大事です。

特に初心者の方は、最初から資金の全力を使いエントリーしてしまいがちですが、そうすると、少し相場が予想に反した動きをするだけで、資金の全部を溶かしてしまう可能性があります。

相場は、逆に動くことはよくあることです。

ですから、ある程度の相場の動きにも耐えられるように、余裕をもたせてエントリーすることが大事です。

損きりは特に重要

そして、大きく損をしないためにも、損きりは特に重要です。

損失を出したくないあまりに、含み損のまま耐えようとしてしまいがちですが、含み損がどんどん膨らむと、耐えきれなくなり、大損することになります。

資金の全部を失う可能性もあるので、相場の動きが予想と外れたのならば、タイミングを見て損きりを行うことです。

これができずに、大損してしまうひとが、非常に多いのです。

相場は、自分の予想通りに動いてくれないのが常なので、予想が外れたら、損きりをして損失を抑えることが大切です。

FXは失敗から学ぶことが大事

どんなに稼ぐトレーダーでも、負けることはあります。

大事なことは、負けて損を出した後に、どう行動できるかです。

多くのひとは、負けたら負けっぱなしで、何もそこから学ぼうとはせずに、また同じ失敗を繰り返してしまうのです。

FXは、負けたときこそ、何かを学ぶチャンスです。

FXで勝つためには、失敗から学び、諦めずにトレードを続けることです。

もし、エントリーして損を出してしまったのならば、どうすれば損失を出さずに済んだのかを検証して、次のトレードに生かしていくことです。

そうして、常に検証と実験を繰り返すことで、勝てるようにもなってくるのです。

FXで稼げるようになるためには、試行錯誤を重ねることは、不可欠なのです。

FXは相場の波に乗るようなもの

FXは、いわば相場の波に乗るようなものです。

波を動かすことは、私たちにはできません。

大事なことは、波にどう乗るかです。

FXは、相場の波にうまく乗ることが大事なのです。

相場の波にうまく乗れれば、稼ぐことができます。

また、波に逆らっている状態ならば、大怪我をしないためにも、損きりして、またエントリーし直すことです。

そして、波を見極めるためにも、トレードの経験を重ねて、勉強していくことなのです。

多くのひとは、波の流れを見ようともせずに、適当にエントリーしてしまい、波に飲まれてしまうのです。

本当にFXで稼ぐ強い意志があるか

本当にFXで稼ぐ強い意志があるか

FXは、適当にトレードしても、勝てるわけではありません。

FXで稼ぐためには、本当に強い気持ちで、取り組む意志があるかです。

なんとなく始めて、簡単に稼ぎたいひとは、損をする可能性が高いので、FXはやめた方がいいかもしれません。

そうではなく、自分の自由な時間を使ってでも、相場をよく見て研究し、トレードしていく気持ちがあるならば、FXを始めてみても良いかもしれません。

FXをしないことは、大きな金額を稼ぐチャンスを失うことでもある

FXをしないことは、大きな金額を稼ぐチャンスを失うことでもある

確かに、FXをやらなければ、資金を失うこともないかもしれません。

しかし、その一方で、大きな金額を稼ぐチャンスも失うことになります。

FXは、少額資金でも稼げるチャンスが十分にある投資です。

FXを本気で取り組むことで、あなたの人生を大きく変えるチャンスを得ることができるかもしれないのです。

少額資金で始めれば、リスクも少ない

また、少額資金で始めれば、リスクも少なくできます。

それでいて、お金持ちになれるチャンスもあるのです。

これほど、ローリスクでハイリターンが狙える投資はなかなかないです。

もちろん、その分資金を溶かす可能性もあります。

だからこそ、少額資金で何度も挑戦していくのです。

経験を積み、何度も挑戦していけば、そのうち大きく当たる可能性は十分にあります。

その努力をせず、チャンスをつかむ前に、諦めてしまうかどうかなのです。

FXは、必ずしも危ない投資ではなく、大きなチャンスを得られる可能性のある、投資でもあるのです。

その違いは、あなたがどうFXに向き合うかどうかです。