年齢を重ねるに連れて、腸内菌(善玉菌)が減少して、体の免疫力が低下してしまうと言われています。つまり、年齢を重ねるほど、乳酸菌を自ら摂取する必要があるのです。

善玉菌が減ると病気が発症するリスクもある

病気が発症するリスクがある

乳酸菌・善玉菌が体内に少ないと、どのような原因があるかというと、ウィルスを殺す役割もある乳酸菌が減少していることで、病気にかかるリスクも高くなります。年を取ると病気になりやすい、風邪が治りにくいといった症状は、実は乳酸菌の減少が影響しているかもしれません。善玉菌は腸内で体内の7~8割程度作られていると言われるくらい、腸内の善玉菌は非常に大切なのです。その善玉菌が少ないと、ウィルスに対しての免疫力が低下してしまい、ちょっとしたことでも風邪をひきやすくなる場合があります。

つまり、免疫力を高めるためにも、乳酸菌の摂取はとても大切なのです。また、乳酸菌の役割はそれだけではありません。乳酸菌を摂取することで、腸内環境もよくしてくれるので、ポリープなどできにくくする働きがあるとも言われています。乳酸菌を摂取することは、健康的な生活を送るためにも、非常に不可欠な栄養素となるのです。

現代人は乳酸菌を摂取しにくい

このように体内に大切な働きをする乳酸菌ですが、現代人は不足しがちなのです。なかなか毎日ヨーグルトなどの乳製品を食べる人も少ないでしょうし、また食の欧米化も進み、本当に健康的な食事生活を送る人が少なくなってきています。そうなると、当然体内の免疫力も衰え、病気を引き起こしやすくなってしまうのです。ですから、普段なかなか取らない乳酸菌を、あえて積極的に取るということも必要なことなのです。これまであまり乳酸菌について深く考えていなかった方は、これを機会に乳酸菌の摂取を考えてみた方が良いでしょう。

腸内環境を清潔に保つことは健康促進効果も多いに期待できます。また、乳酸菌摂取ならば、手軽に自分で行える健康法とも言えるでしょう。また、乳酸菌摂取で腸内環境を整えると、美容効果やダイエット効果も期待できるとの声も上がっています。いずれにしても、乳酸菌摂取で腸内環境をよくするのは、いいことだらけです。

今まで、なんとなく風邪をひきやすくなった、風邪の治りが遅くなったと感じている方は、乳酸菌の摂取を心がけましょう。特に加齢で体の疲れを感じたり、体調を崩しやすくなっている人ほど、乳酸菌の摂取をお勧めします。今は、サプリや青汁などでも、手軽に乳酸菌が摂取できます。これからの健康維持のために、ぜひ検討してみると良いでしょう。