2017年6月元キャスターの小林真央さんは、34歳の若さで亡くなりました。彼女は亡くなる、2年8か月前に乳がんが発見されています。癌は、もっと年齢が上になったら、患う病気のように思われますが、実際は若い人でも癌になることがあるのです。

健康体だと自分が病気になるとは思わない

自分は病気になるとは思っていない

健康的な体だと、まさか自分が癌になるなどとは思いません。いつまでも健康でいられるかのように錯覚してしまうのですが、いつ人は病気になるかわからないのです。

事実、日本人のがん患者数は年々増えています。なぜ癌患者がこれほどまでに増えているのか、一つは医療が発達して寿命が長くなり、がんになりやすいことがあげられるでしょう。また、食の欧米化が進み、体にも影響しているとも言われています。また、遺伝による癌発生リスクもあります。

そして、一番注目すべき点は、ストレスにより免疫力が低下したことでの癌発生です。実は、ストレスが原因で癌が発生するとも言われており、ストレス社会が原因で、がんを発生させている人も少なくないのではとも考えらえます。

誰しもが大病リスクを抱えている

このように、ストレスが原因で癌になる可能性があるのです。また、ストレスは癌だけでなく、心筋梗塞などの他の大きな病気を患うリスクもあります。つまり、医療が発達した現代でも、大きな病気を抱えてしまう可能性が高いのです。

大きな病は高額な医療費がかかる

高額な医療費がかかる

癌などの大きな病にかかると、治療のために、高額な医療費がかかります。癌の治療は国内だけでなく、海外で治療を行う場合もあるのです。そうすると、一般人では払えないような、かなり高額な医療費が発生します。

なので、大病を患う前に、医療保険には加入しておくべきです。病気の患った後では、保険に加入できない可能性が高いです。万が一の備えのために、医療保険には加入しておいた方が良いでしょう。もし、保険に入っていないと、大病の患ってもお金がなく治療できないということも考えられます。

これから将来に、自分の身に何が起こるかわからないので、生命保険・医療保険の加入を検討しましょう。