残業代を支払われていない人たちへ

残業代を請求する方法

残業代が支払われず今も働く人は、かなりいるのではないでしょうか。残業代が支払われずに、毎日がんばる人たちへの情報として、残業代を請求する方法をお伝えします。

サービス残業を強いられる実態

今、かなりサービス残業を強いられている人たちがいます。世間は社畜やブラック企業などのように表現して問題視していますが、それでも、現象はまだまだ労働環境の改善はされていません。特に中小企業の場合は、サービス残業を強いられている社畜従業員も多いわけです。そのような人たちが、一発逆転できるような、残業代請求が可能であることを知ってもらいたいです。いつまでも、会社のいいなりになる必要はありません。

残業代は割り増しで支払われるべき!

そもそも、残業代は、深夜に残業することも多いので、普通の給料よりも割り増しで支払われるべきなんです。それを企業の社長がいいように操作して、残業代を支払わせなくしています。当たり前のようにサービス残業を従業員たちにさせて、本来払われるべき、割り増し残業代を支払われていません。

もらっている残業代が少ない可能性あり!

実は、残業代をもらっていたとしても、本来得るべき残業代よりも少ない可能性があります。それは、会社側が勝手に規定で操作して、安い残業代を設定している可能性もあるのです。なので、一度、自分の残業代が正当なものか調べる必要もあるでしょう。ただ、残業代をもらえているだけいいかもしれません。実際は、残業代をもらえてすらいない人もいるので。しかし、残業代をもらうのは、至極当然のこと。これを機に、本気で残業代請求を考えましょう。

年俸や歩合制でも残業代請求できる!

年俸や歩合制の人は、そもそも残業代という観念がないと思うかもしれません。でも、そのような報酬制度の人にも、残業代が発生する可能性はあるのです。なぜなら、年俸制や歩合制は、通常の労働時間よりも長時間労働しているケースが珍しくありません。なので、そのような長期労働分に対しての残業代は企業側から支払われるべきでもあるのです。

管理職であっても残業代請求できることがある

管理職の立場の人は、残業代が支払われないと思うかもしれません。しかし、残業代が支払われることもあるのです。それは、管理職とは名ばかりで、実際は平社員とは給料が変わらなかったり、尋常ではない長期労働時間を強いられていた場合など、残業代が発生するケースがあります。なので、管理職だからと、残業代請求を諦めずに、正当に訴える必要もあるでしょう。

退職後でも残業代請求できる!

退職後だと残業代請求できないのではと思う人もいるかもしれません。しかし、退職後でも残業代請求はできるのです。ただ、なるべく早く退職後でも請求する必要があるでしょう。相手の記憶にあるうちに、請求するのが、満足に残業代を得るための方法でもあります。

タイムカードなど証拠がなくても残業代請求できる可能性あり!

タイムカードなどの証拠がないので、残業代請求できないと悩む人もいるかもしれません。しかし、たとえ証拠がなくても、企業に開示請求すればいいです。そうすれば、たとえ証拠がなくとも、残業代請求できる可能性があります。

残業代請求をする方法

残業代請求をするには、ちゃんと企業側へ請求することが、もちろん必要です。ただし、これを個人でするには、相当な勇気と覚悟と労力が必要になるでしょう。なので、なかなか個人で残業代請求できないのが、悲しい実態です。

残業代を請求するには、専門家に頼るのが一番!

なので、残業代請求をするならば、専門家へ相談するのがベストです。労働関係について法律にも詳しい専門家へ相談すれば、残業代が正当に支払われる可能性が高いです。

残業代請求無料相談センター

残業代請求を無料相談する!

残業代請求を専門家へ依頼するならば、上記の「残業代請求無料相談センター」がオススメです。ここなら、プロの専門家が相談に応じてもらえます。弁護士への相談も対応可能なので、より専門的なアドバイスが聞け、かつ残業代請求に向けた効果的な方法がとられるでしょう。請求を行うためには、法律にも絡めた高度な知識が必要になることもあります。なので、個人で無理に行わずに、専門家へ依頼した方が迅速に処置が行えるでしょう。

勇気を持って残業代請求をしよう!

残業代請求をすると会社と気まずくなる、クビになるのではと思うかもしれません。しかし、そのような不安を感じたときは、まずは専門家へ相談するべきです。適切な方法を知ることができます。また、既に退職して残業代を請求できなかった人は、すぐに「残業代無料相談センター」へ相談した方がいいでしょう。

実際に請求してみて、100万円以上支払われたケースもあります。かなりの金額を貰い損ねている可能性も十分にあるので、退職して損をしないためにも、いち早く専門家へ相談しましょう!