いまだにある残業美徳

残業は美徳なのか

昭和にあった残業美徳意識が未だにある会社もあります。残業することが、会社への頑張っている精神になり、残業を多く行うほど、人事評価が高いこともあります。また、すぐに帰る人は不真面目と捉えられることもあるのです。このように残業がえらいという風潮があります。

仕事が終わったら帰るべき

しかし、仕事が終わったならば、残業をせずに帰るべきです。なぜなら、明日の仕事のための疲労回復に努めなければいけません。疲労があると、明日の仕事のパフォーマンス低下にもつながるからです。なので、仕事が終わったら、残業をせずに帰りましょう。

仕事が終わらず残業する人は評価が悪くなる

今の時代は、仕事が終わらずに残業する人は、作業効率が悪い社員と見なされ、人事評価が悪くなることもあります。なので、基本的に残業しないように、その日のうちに仕事を終わらすことがベストです。

また、サラリーマンやOLの中には、残業代でお金を稼ぎたいと思う人もいるかもしれません。しかし、そのような個人的な行為は結果的に会社の負担となってしまいます。やはり、仕事は定時までに終わらすのがベストです。

むしろ残業するのが当たり前くらいの作業量も

ただ、会社によっては、定時で終わらないほどの仕事を振られることもあります。「これは定時では終わらないだろう」というほどの作業量を抱えることもあるのです。そのような場合は、残業しなくてはいけないかもしれません。

残業しすぎは体を壊す

ただし、残業のしすぎは、体を壊すことになります。過度な労働はうつの原因にもなるのです。なので、極力残業はしないように、また仕事を多く抱えている場合は、他の人に振るなどしましょう。

また、残業をしても、残業代をもらえない場合は、専門家へ残業代請求を依頼した方が、もらえる可能性が高いです。

ワークバランスを整えよう

やはり、過度な労働は人生を犠牲にすることが考えられます。残業することは美徳ではなく、自分のライフワークを大切にして、仕事をすることが良いでしょう。自分の生活や家族を大切にして、仕事に励みましょう。