残業でかんばってますアピール

残業アピールは有効か

会社などで見かけるのが、残業で頑張っているアピールをする社員です。残業することで会社に、自分は必要な存在であるとアピールするのですが、これは本当に意味あることなのか、見ていきましょう。

残業を多くして頑張ってるアピールをする

サラリーマンには、わざと残業を多くして、できる社員?をアピールする人もいます。そんなの昔のサラリーマンでは?と思う人もいるかもしれませんが、実際に残業を多くしてアピールするサラリーマンがいるのも事実なのです。サラリーマンだけでなく、OLも、残業時間から張り切りだす人がいます。

残業アピールはそもそも仕事の中身がない

しかし、残業アピールで仕事をしても、そもそも仕事の内容に中身がないことがあります。どうでもいいような事務整理で、残業をしている社員もいるのです。これは、本来であれば、定時内で行う仕事で、わざわざ残業代を出してまで、会社が要求している労働ではありません。もしかすると、無駄な人件費になっているかもしれないのです。

残業アピールするぐらいならば、定時内で仕事アピールするべき

なので、残業アピールするくらいならば、定時時間内で仕事のアピールをした方がより優秀でしょう。決まった時間に仕事の成果を上司や人事に客観的に見せることが大切です。残業アピールという単なる根性論では、会社が評価してくれないことも考えられます。

残業アピールは逆効果を招くこともある

また、残業アピールをすると逆効果になることもあります。というのは、残業アピールをすると、それは効率の悪い、定時で終わらない人材であると見なされてしまうのです。昭和の時代であれば、残業を多くすれば、優秀な社員と見なされていたかもしれませんが、今は、そのような社員は非効率と思われ、人事評価を下げてしまうことがあります。

正当な残業をして残業代がもらえなかった場合は、専門家へ無料相談してみましょう!

残業アピールはやめよう!

なので、残業アピールはしない方がいいでしょう。代わりに、限られた時間内で成果を出すことが大切になります。これからも、成果主義が続いていくので、いかに限られた時間で、自分の力が発揮できるかが大切になります。