残業で遅くなっても晩御飯は食べるべき?

残業後の晩御飯は取るべきか

残業で午前様になり、晩御飯が遅くなることもあると思います。そこで、そのような遅い時間に晩御飯を取るべきが悩む人もいるでしょう。

深夜の食事は体の負担になる

深夜の食事は、体の負担になります。なぜかというと、睡眠時に消化しようとするのですが、あまり食事を睡眠前に摂取してしまうと、睡眠障害にもつながってしまうからです。なので、深夜の食事は、良い睡眠を取るためにも、注意する必要があります。

残業後のご飯はメタボ体型を招く

また、残業後の晩御飯摂取は、メタボ体型を招くことがあります。睡眠時に消化しきれず、余分な糖質を身体に残してしまい、メタボになってしまうのです。こうなると、不健康な身体になってしまいます。実際に残業後の晩御飯により、メタボ体型になるサラリーマンは多くいます。

食事を作る家族の負担にもなる

また、遅く食事を取ることは、食事を準備する家族の負担にもなります。なので、食事を取らない方が、家族(奥さんなど)が食事準備をする必要がないので、手間を省くことができるのです。

家族がいる場合はコミュニケーションが大切

さらに、ご飯がいるのかどうか、家族とコミュニケーションを取る必要があります。マメな奥さんの場合は、夜遅くまで旦那さんの食事を待っていることもあります。今は、妻もフルタイムで働くことが多いので、相手を待たせることは、余計な負担にもつながってしまうのです。なので、食事がいるのかどうか、家族とよくコミュニケーションを取る必要があるでしょう。

遅い夕食は極力取らない方が良い

以上のように、残業後の晩御飯についてお話ししてきました。健康面を考えてみても、極力、時間の遅い食事は取らない方がいいでしょう。残業後に、本当に食事が必要なのか、残業前に食事が取れないか、考えてみることも必要です。

アメリカと日本の残業の違いはこちら!