40代だから、なかなかプログラマーになれないのではないか、と思うこともあるかもしれません。しかし、実際はそのようなことはないのです。40代からでも、十分にプログラマーになれる可能性はあります。実際に、プログラマーになっている人もいるのです。

40代だからといってプログラマーの夢を諦めるべきではない

40代プログラマーへの道

40代だからといって、プログラマーの道を諦めるべきではありません。いくつになっても、プログラマーになれる可能性はあります。年齢は関係なく、要はやる気の問題です。本気で打ち込む意思があるのであれば、プログラマーになれる可能性は十分にあるでしょう。年齢を言い訳にして、努力を怠るのは、本当にもったいないことだと思います。

もし、プログラミングの勉強を始めるならば、Rubyから始めてみると良いでしょう。Rubyならば、比較的に他の言語に比べて難易度は高くなく、習得しやすい言語とも言われています。特に40代ということで、何かと勉強するのも大変だと思うので、まずは優しめのRubyから始めてみるのもいいでしょう。実際に、40代からRubyの勉強を始める人も、少なくはないのです。

Rubyは転職にも生かすことができる

他の言語より優しいと言われているRubyですが、転職での需要もあるのです。実際に、Rubyを習得している人を募集する求人も少なくありません。なので、興味があるのであれば、Rubyの習得を始めてみるのもいいでしょう。

なお、Rubyは書籍でも学べますが、一人で学ぶのはなかなか大変です。特に未経験の場合は、優しいと言われるRubyでも挫折する可能性があります。なので、スクールに通うのが効果的でしょう。スクールならば、現役で活躍するプログラマーから教わることもできます。自分に合ったレベルで授業が学べると思いますし、モチベーション維持にもつながるでしょう。これからRubyを学びたい方は、ぜひともスクールで学ぶことを検討してみましょう。下記のように、スクールによっては、ただ同然で学べるところもあるので、よくチェックしてみると良いでしょう!