実際に公務員試験を受けた経験から言って、独学で1年以内に公務員試験に合格するのは、相当難しいと思います。

公務員試験に合格するためには、それなりに時間が必要なのです。

公務員試験を1年で独学で合格するのは難しい

公務員試験を1年で独学で合格するのは難しい

公務員試験を1年で独学で合格するのは、相当難しいです。

実際に、有名国立大学を卒業した知人がいますが、そのひとが独学で1年間勉強しても、一次試験の筆記を通りませんでした。

公務員試験は、たとえ高学歴のひとであっても、1年で合格するのはなかなか難しいです。

公務員の仕事は、将来の安定性もあり、根強い人気があります。

当然、応募者も多く、倍率も高いので、筆記試験であっても通過するのが大変なのです。

公務員試験の勉強は、相当な時間が必要

公務員試験の科目は、相当な量があります。

公務員試験の教養科目
  • 数的処理
  • 文章理解
  • 人文科学
  • 自然科学
  • 社会科学
  • 時事問題
公務員試験の専門科目
  • 法律系
  • 経済系
  • 政治系
  • その他
  • このように、公務員試験の科目は、教養科目・専門科目に分かれており、相当な勉強量が必要になります。

    なので、公務員試験を受ける場合は、多くの科目を勉強するための、相当な時間が必要になるのです。

    従って、ある程度の時間がある学生でないと、なかなか独学で1年以内に合格するのは難しいでしょう。

    すでに仕事を持っている社会人は時間もないので、独学で公務員試験を1年以内に合格するのは、結構厳しいと思います。

    公務員試験合格のために、専門学校に通うひとが多い

    公務員試験合格のために、専門学校に通うひとが多い

    また、公務員試験合格のために、独学ではなく、専門学校に通うひとも多いです。

    やはり、専門学校に通った方が、しっかり公務員試験に向けた対策を教わることができ、また同じ方向を目指す仲間にも出会えるため、モチベーション維持にもつながります。

    専門学校はお金がかかる

    しかし、専門学校に通うとなると、40~50万円ほどかかることがあり、お金がないひとや時間がないひとは、なかなか専門学校に通うことはできません。

    独学で公務員試験の勉強をするときは、モチベーション維持が大切

    独学で公務員試験の勉強をするときは、モチベーションの維持がとても重要です。

    やはり、ひとりで公務員試験の勉強をしていると、集中が途切れやすくなることもあります。

    また、わからない点があっても、誰にも相談することができないので、なかなか先に進まないこともあるでしょう。

    独学で公務員試験を勉強する場合は、すべてひとりで解決しなければいけなく、何かと大変なこともあるのです。

    時間がないひとは過去問から始めると良い

    時間がないひとは過去問から始めると良い

    また、1年以内に公務員試験を突破したい方は、時間がないと思うので、そういう方こそ、過去問から勉強を始めることをおすすめします。

    過去問から勉強を始めれば、毎年どのような内容が試験に出るのか、傾向を掴むことができます。

    時間がない中で試験対策をするためには、試験に多く出る科目内容から勉強を始めることです。

    また、過去問を解くことで、何の科目が苦手か、わからないのかも見えてきます。

    そういう意味でも、過去問から勉強するのは、おすすめです。

    ちなみに、公務員試験向けの参考書を購入するならば、豊富な種類の参考書が販売されている、LECオンラインショップがおすすめです。

    捨て科目を決めておく

    そして、あらかじめ捨て科目を決めておくことです。

    限られた時間の中で、公務員試験を突破するためには、すべての科目を網羅するのは難しいと思います。

    だからこそ、捨て科目はあまり勉強せずに、力を入れる科目に焦点を絞ることです。

    こうすることで、わずかな勉強時間でもある程度の点数を稼ぐことが期待できます。

    もし、捨て科目を選ぶならば、あまり点数配分が多くない科目を選ぶと良いです。

    空いている時間を見つけて、ひたすら流し読み

    なかなか勉強する時間がなくとも、流し読みだけでも、頭に知識としてインプットされます。

    何回も同じ箇所を流し読みするだけでも、ある程度覚えることができるので、時間を見つけては流し読みすると良いです。

    公務員試験に合格するためには、少しでも勉強する時間を作ることです。

    飲み会や遊ぶ時間を減らして、勉強に費やした方が、それだけ合格する可能性も高くなるでしょう。

    時間がない中で、公務員試験を目指すならば、なるべく勉強する時間を確保することです。

    必須科目が少ない市役所を目指す

    また、なかには必須科目が少ない市役所の試験もあります。

    ある市役所だと、専門科目はなく、教養科目と小論文だけの筆記試験もあります。

    そういう公務員試験を受ければ、勉強する科目も少なく、短い勉強時間でも合格する可能性は十分あるでしょう。

    市役所によっても試験科目は違うので、色々な市役所の試験をチェックしてみることです。

    公務員試験に合格するまで、数年かかるのは普通

    公務員試験に合格するまで、数年かかるのは普通

    公務員の仕事は人気で応募者も多く、それだけ受かるのも大変です。

    ひとによっては、何年かかっても合格できないひともいます。

    特に、独学で勉強する場合は、何から手をつけて良いのかわからないこともあるので、どうしても時間がかかってしまうのです。

    それだけ独学で1年以内に公務員を目指すのは、大変なことなのです。

    半年で合格するひともいる

    ただし、なかには半年で合格したひともいます。

    このひとは、ただ全科目勉強するのではなく、やはり過去問から勉強を始めて、捨て科目を選び、力を入れる科目を選んで勉強していました。

    効率を意識した勉強が必要

    そういう意味でも、やはり効率を意識した勉強は必要になります。

    何から手をつけて良いかわからない方は、たとえば、こちらの公務員試験短期合格メソッドも参考になるでしょう。

    漠然と全科目を勉強しようとすると、いくら時間があっても足りないので、工夫しながら勉強することが大事です。

    社会人の方は、会社を辞めることも選択の一つ

    特に現在社会人の方は、本業があるので、なかなか勉強する時間もないかもしれません。

    社会人の方は、通勤時間や仕事の休み時間を、公務員試験の勉強に費やすことが必要かもしれません。

    また、本気で公務員を目指すならば、思い切って会社を辞めるのも選択肢の一つです。

    やはり、仕事を続けながらの試験勉強は、相当大変なものがあります。

    本業で疲れるなか、試験勉強をするので、なかなか先に進みません。

    今の仕事を捨ててでも公務員になりたいのであれば、期間を決めて勉強だけに集中するのも良いかもしれません。

    ただし、試験勉強中の生活費を確保しておく、もしくは親に頼る必要があるので、よく考えて決める必要があります。

    小論文や面接が重要

    また、公務員試験は、択一科目はあくまで足切りのための科目でしかありません。

    大事なのは、小論文や面接です。

    小論文や面接では、なぜ公務員になりたいのか、公務員になる素質が問われます。

    「安定しているから」という理由だけでは、公務員として働く意思が感じられず、面接で落とされる可能性が高いです。

    なので、なぜ公務員を目指すのか、公務員としてどのような仕事をしていきたいのか、よく考えて用意しておくことです。

    通信講座ならば、わずかな費用で受講できる

    また、専門学校に通うなると大金が必要になりますが、通信講座ならば、わずかな費用で受講することができます。

    やはり、すべて独学で始めるよりも、公務員試験に詳しいひとから効率よく学ぶことで、さらに公務員試験の合格に近づけることができるはずです。

    もし、通信講座に興味ある方は、過去問からも学べる資格取得eラーニングがおすすめです。

    資格取得eラーニングならば、なんと5千円から公務員試験の勉強を学ぶことができます。

    資格取得eラーニングの公式サイトは、こちらになります。

    公務員試験の勉強は、やった分だけ自信につながる

    公務員試験の勉強は、やった分だけ自信につながる

    公務員試験は、やった分だけ自信につながります。

    1年以内に独学で公務員試験を突破するのは、かなり難しいですが、不可能なことではありません。

    短期間で公務員試験を目指すならば、なるべく多くの時間を公務員試験の勉強に費やすことです。

    公務員試験の勉強は、多く勉強した分だけ、自信にもつながります。