経験したからこそわかりますが、社会人から公務員試験を目指すのは、なかなか大変なことです。

社会人は、勉強する時間も少なく、予備校生や学生などと同じ土俵で戦おうとすると、不利になることも多いのです。

社会人が公務員試験を目指すならば、相当な覚悟が必要

社会人が公務員試験を目指すならば、相当な覚悟が必要

社会人が公務員を目指す場合は、相当な覚悟が必要になるでしょう。

公務員は、特に不況時には人気があり、将来も安定しているため、多くの応募者が殺到します。

また、公務員は倍率も高いため、試験に落ちるひとも少なくなく、何年も公務員試験に挑戦するひともいます。

そのような中で、公務員試験に受かるというのは、なかなか難しいことでもあるのです。

特に社会人の場合は、本業が忙しく、勉強する時間を確保しにくいため、他の受験生に比べて不利な状況を強いられることもあります。

公務員試験のために予備校に行くひとも多い

公務員試験は、ある程度の学習が必要のため、公務員試験のために予備校に行くひとも多いのです。

大学卒業後に公務員として働くために、大学生のうちから予備校に通うひともいます。

予備校に通う方は、おそらく親から費用を出してもらっている方も少なくないでしょう。

ただ。やはり予備校に通うことで、試験対策をしっかり行えますし、わからないところはすぐに講師に聞くことができ、またモチベーション維持にもなります。

予備校に通うことは、それだけ意味のあることなのです。

ただし、予備校に通う場合は、40~50万円ほど費用がかかることがあり、また通学する時間を確保しなければなりません。

普通の社会人が、予備校に通うためのお金や時間を用意するのは、なかなか厳しいものがあります。

わずかな時間も試験勉強に費やす

わずかな時間も試験勉強に費やす

時間がない中で、公務員試験の勉強を行うならば、通勤や会社の休憩時間など、わずかな時間でも試験勉強に費やすことです。

会社には公務員を目指していることをバレたくないひともいると思います。

そういう方は、お昼の休憩時間は会社の近くの喫茶店や公園などに行き、勉強することもできます。

営業職の方は、意外と勉強しやすい

ちなみに、外回りが多い営業職の方は、会社の監視もないため、外で試験勉強をすることができます。

ただし、営業成績が悪くなると、会社からの評価が落ちる可能性があるので注意が必要です。

ただ、外回りが多い営業ならば、本屋に行き、参考書の立ち読みをすることもできるので、何かと試験勉強がしやすいのです。

強者だと、営業をサボり図書館で勉強するひともいるかもしれません。

とにかく、社会人の方は時間がない分、少しの時間でも有効活用して試験勉強を行うことです。

泥臭い行動が必要になる

泥臭い行動が必要になる

社会人の公務員試験は、時間がない分、少しでも勉強時間を確保するためにも、泥臭い行動が必要になります。

満員電車の通勤中も勉強したり、寝る間を惜しんで勉強したり、友達との飲み会も断って勉強したりと、「ここまでしなければいけないのか」というくらいの努力をしていかないと、難関の公務員試験を突破することは、なかなかできません。

もちろん休日は、勉強に当てる必要があります。

公務員試験を目指すことで、多くのことを犠牲にしなければいけないのです。

本業でも疲れるのに、その上公務員試験の勉強となると、相当辛いこともあるかもしれませんが、将来のためにも頑張るしかないのです。

社会人の方は、独学で1年以内に公務員試験を合格するのは、相当難しい

ちなみに、独学で公務員試験の勉強をする社会人の方も少なくないと思いますが、1年以内に公務員試験を合格するのは、相当難しいと思います。

たとえ、専門学校に通うひとであっても、数年かかるのは珍しいことではありません。

なので、独学でしかも社会人の方となると、公務員試験を突破するのは、1年以内では相当難しいと思います。

個人的な体験も含めて考えてみても、社会人の方が独学で公務員試験を目指すならば、数年はかかると思った方が良いかもしれません。

会社を辞めて、公務員試験に専念するのもアリ

社会人で公務員試験を目指すのは相当大変なので、会社を辞めて公務員試験に専念するのもアリだと思います。

実際にそういう方もいて、脱サラして公務員試験に専念して、1年以内に合格したひともいます。

なので、本気で公務員を目指すならば、会社を辞めて試験勉強に専念する選択もあります。

ただし、先にも触れたように、通学するとなると、それなりの費用がかかるため、生活費も含めてお金がないと、なかなかこの決断は難しいでしょう。

実際に、頼れるひとは実家暮らしで、専門学校に通学するひともいます。

なので、お金がある程度ないと、この選択はなかなか難しいかもしれません。

通信講座ならば、わずかな費用で受講できる

ただ、通信講座ならば、わずかな費用で受講することができます。

専門学校に通わなくても、通信講座でも効率良く試験勉強を行うことができます。

もし、通信講座に興味ある方は、過去問からも学べる資格取得eラーニングがおすすめです。

資格取得eラーニングならば、なんと5千円から公務員試験の勉強を学ぶことができます。

なるべく費用を抑えて、公務員試験の勉強を行いたい方は、資格取得eラーニングも参考にしてみると良いでしょう。

資格取得eラーニングの公式サイトは、こちらになります。

周囲の言葉に惑わされないこと

公務員試験を目指していると、周囲のひとから「お前には無理」など心ないことを言われることもあります。

そういう言葉は気にしないことです。

あなたの人生は、あなたが決めれば良く、周りから何かを言われる筋合いはありません。

本当に公務員を目指したいならば、周りの言葉は気にすることなく、自分がしたいように行動すれば良いのです。

それに、どうせ反対意見を言われるならば、公務員試験を目指していることを、あえて誰かに言う必要はありません。

その方が、余計な雑音を耳にすることがなく、公務員試験の勉強に専念することができます。

なぜ公務員になりたいのか、公務員として何がしたいのか

なぜ公務員になりたいのか、公務員として何がしたいのか

公務員試験を目指す場合は、「なぜ公務員になりたいのか」「公務員として何がしたいのか」今一度、自分自身に問うてみることです。

なぜならば、このようなことは、小論文や面接試験で聞かれます。

そのようなときに、「公務員は安定しているから」という理由だけでは、採用されない可能性が高いです。

確かに、公務員の安定性に魅力を感じているかもしれませんが、公務員として何をしていきたいのか、考えて用意しておくことが大事です。

小論文や面接でも、あなたに公務員としての素質があるのか、採用担当者は見ているのです。

筆記試験よりも、小論文や面接対策が大切

筆記試験はあくまで足切りのためにあります。

本当に大切なのは、公務員としての素質を見ている、小論文や面接です。

昨今でも、公務員による問題や事件が起きており、今後ますます公務員としての素質が問われています。

だからこそ、面接を何回も行い、応募者の考え方や人格について、よく見ようとしているのです。

小論文や面接については、筆記試験以上にさらに対策を練る必要があるでしょう。

科目が少ない市役所もある

また、筆記試験については、時間がないのであれば、ある程度科目を絞って勉強することです。

すべての教科を勉強しようとすると、相当な時間が必要になってしまうので、科目を選んで勉強するのも良いでしょう。

また、市役所によっては、科目が少ない市役所もあります。

そういう市役所を狙うことで、勉強する科目を抑えることができます。

社会人経験者枠の採用

また、社会人の方は、社会人経験者枠で応募することもできます。

自治体によっては、社会人経験者枠で採用をしているところもあるので、経験者枠で応募するのも良いでしょう。

社会人経験者枠ならば、小論文や面接のみの選考試験もあります。

社会人が公務員試験を目指す場合は、本気になることが大切

社会人が公務員試験を目指す場合は、本気になることが大切

社会人が公務員試験を目指す場合は、時間もお金もかかり、様々なことを犠牲にしなければいけないため、どれだけ本気になれるかが重要です。

特に本業を持ちながら、慣れない公務員試験の勉強をするのは、相当大変だと思います。

それでも、本気で公務員になりたいならば、様々なことを犠牲にしてでも、公務員試験に挑む必要があるでしょう。

頑張り続ければ、いつかは結果が見えてくるはずです。

それまで諦めずに努力を続けることが大事です。