公務員試験に落ちると、本当に辛いですよね。

特に何年間も落ち続けると、本当に絶望的になります。

でも、私は公務員試験に落ちて本当に良かったです。

今だから言える「公務員試験に落ちて良かったこと」

今だから言える「公務員試験に落ちて良かったこと」

今だから、声を大にして言えます。

本当に公務員試験に落ち続けて良かったです。

なぜ、公務員試験に落ちて良かったのか。

普通ならば、試験に落ちたら、すごく落ち込みますよね。

確かに、私も当初はすごく落ち込みました。

でも、今なら、本当に落ちて良かったと思っています。

その理由を、下記でお伝えしますね!

学ぶ楽しさを得た

学ぶ楽しさを得た

まず、公務員試験に落ち続けることで、勉強する時間も多くなります。

長く勉強しているうちに、学ぶ楽しさを得たのです。

結果は得られなくとも、公務員試験では、論文・歴史・数学・科学など、幅広く勉強します。

学校を出てから行う勉強は、積極的ですし、自らの意思で行うので、とても楽しいのです。

勉強の出来は悪くとも、学ぶということ自体が楽しい。

そういう感覚を得られたのは、公務員試験に落ちて、長く勉強する時間を得たからこそです。

本当にやりたいことを見つめ直せた

当にやりたいことを見つめ直せた

また、公務員試験に落ちることで、本当にやりたいことは何か、考えるようになりました。

私の場合は、ただ単に、周りの意見に流されていたのです。

特に不景気だと、「安定した公務員」はとても人気です。

異性からの職業的評価も高い傾向にあります。

つまり私は、周りが良いというので、公務員を目指していたのです。

公務員にはなりたくないことに気づけた

しかし、公務員試験に落ち続けることで、本当には公務員になりたくないことに、気づきました。

いつも試験勉強していても、公務員というよりも、ただ試験に向けての勉強だったのです。

正直、公務員になろうがならまいが、どうでも良かったのです。

ただ、勉強も楽しいので、なんとなく、世間体もいいし、公務員を目指していました。

公務員より稼げるようになった

公務員より稼げるようになった

そうやって、公務員になりたくないことに気づき、結局公務員試験は諦め、他の道を選びました。

そうしたら、公務員よりもぜんぜん稼げるようになっていたのです。

もし、仮に公務員になれたとしたら、今のような稼ぎは得られなかったでしょうし、やりがいも感じなかったはずです。

おそらく、私の場合は、公務員になれたとしても、嫌々公務員の仕事を続けていたでしょう。

そんな人間は、公務員になるべきではなく、むしろ試験に落とされて良かったのです。

公務員試験に落ちて幸せを得た

公務員試験に落ちて幸せを得た

公務員試験に落ちて、本当の意味で、自分の方向性を見つめ直したら、人生の幸せを得ることができました。

今は、なにも縛られず、自由です。

これが公務員になっていたら、組織にがんじがらめで、自分の意見も声に出せなかったでしょう。

常に出世を意識して、自分を押し殺していたでしょうし、そこにやりがいは感じられなかったはずです。

公務員を諦めて、本当の意味で、私がやりたいことへ目指したとき、本当の自由・幸せを得ることができました。

世間体を全く意識しなくなった

世間体を全く意識しなくなった

また、公務員を諦めたら、世間体を全く意識しなくなりました。

正直、周りの意見はどうでもいいのです。

私がやりたいか、目指したいかです。

自分がやりがいを持てたら、周囲の意見なんて、どうでもいいことです。

むしろ、周りに振り回されると、本当にやりたいことが、見えなくなります。

世間体を意識しなくなったときからが、本当の意味での自由が始まるのです。

公務員試験に落ちて大感謝!ありがとう!

公務員試験に落ちて大感謝!ありがとう!

ですから、今では公務員試験に落ちて、本当に感謝しています。

面接担当の方も、私を落としてくれて、大変ありがとうございます。

おそらくこの記事は見ていないでしょうし、私のこともわからないでしょうが、あなたが私を不採用にしてくれたお陰で、私は幸せ・自由・経済力を得ることができました。

本当の意味での豊さを知り、得ることができたので、公務員試験に落ちて、公務員を諦めて、今の道を選んで本当に良かったです。

本当に心の底から、そう思っています!

ですから、もしこの記事を読んでいるあなたも、公務員試験に落ちて、落ち込んでいるのであれば、実はその出来事は、人生においての大きなチャンスかもしれないので、焦る必要はありません。

公務員になれなくとも、幸せは手に入ります。本当です。

あなたが本当にやりたいことを見つけましょう!