もし副業するならば、通関士の仕事で稼ぐ方法もあります。

海に囲まれている日本では、海外との貿易が非常に大きな役割を担っており、それだけ通関士の需要もあるとも言えます。

通関士は、貿易の中で非常に重要な役割を果たす仕事です。

通関士の仕事内容とは?

通関士の仕事内容とは?

通関士の仕事は、企業の輸出入物品に対する通関手続きの代行業務が主な仕事です。

通関に必要な書類を作成するのはもちろんのこと、対象の物品自体が規制や法令に対して問題のない貨物なのか、関税・消費税などを徴収するべきかどうか、などの判断も求められます。

通関士の時給相場

通関士の時給相場

通関士のアルバイト時給相場は、およそ1,500円くらいになります。

普通のアルバイトをするよりも、通関士のアルバイトを副業でした方がだいぶ稼ぐことができます。

通関士に向いているひと

通関士の仕事は、物流に関わる仕事のため、責任感を持ち仕事ができるひとが向いています。

また、物品の検査や関税の計算などを行うので、調べたりや電卓計算することが苦でないひとが向いているかもしれません。

通関関連の書類作成は、英語を使うことがあるので、学校教育レベルの英語スキルがあれば生かすことができます。

その他に、通関士は交渉なども行うことがあるので、コミュニケーション能力があると良いです。

通関士の需要はある

通関士の需要はある

日本製品は海外でも高い評価を受けており、今後もますますグローバル化が進むので、通関士の需要はあります。

通関士の経験や実績を積んでいけば、時給が上がりさらに稼げる可能性があります。

クラウドワークスなどのサイトでは、通関士の方が企業から直接仕事の依頼を受けることもあります。

クラウドワークスの公式サイトはこちらになります。クラウドワークス

このように、個人でも通関士の仕事を引き受けることは可能なので、副業として稼ぐこともできます。

通関士の仕事をするには資格が必要

通関士の仕事をするには資格が必要

通関士の仕事は、今後も増えていく可能性がありますが、通関士の仕事をするには資格取得が必要になります。

「通関士資格」の国家資格を取得することで、通関士の仕事ができます。

ちなみに、受験資格には年齢や学歴などの制限はなく、誰でも受けることができます。

ただし、通関士の資格試験は、合格率はおよそ10%と低く、年1回しか行われないため、しっかり対策を練る必要があります。

なので、通関士の資格取得を目指す方は、予備校や通信講座を受けるひとが多いです。

フォーサイト

通関士の副業で稼ぐこと!

通関士の副業で稼ぐこと!

通関士の仕事は、将来的にも伸びてくる可能性がありますし、時給も高めなので、副業で稼ぎたい方は、ぜひおすすめです!