女性の一人暮らしの防犯対策

女性が一人暮らしをする場合は、防犯対策に気をつけなければいけません。大学生や社会人になると、一人暮らしをする女性も増えてくることでしょう。残念ながら、世の中には女性の一人暮らしを狙った窃盗犯や性犯罪者がいます。そのような犯罪から身を守るためにも、一人暮らしの女性が気をつけるべきポイントがありますので詳しく見ていきましょう。また、一人暮らしの女性が見ておきたい物件選びのポイントや引っ越し業者への依頼方法もお伝えしていますので参考にしてみてください。

目次

女性の一人暮らしの防犯対策法

女性の一人暮らしの防犯対策方法は様々あります。簡単に自分一人でできる防犯対策方法も多いので、ぜひ防犯対策していきましょう。それでは下記で女性の一人暮らしで効果的な防犯対策方法をお伝えします。

窓やドアを開けっ放しにしない

女性の一人暮らしはドアの閉め忘れ注意

まずは、やはり施錠をしっかり行うことです。窓やドア、玄関もしっかり施錠を行いましょう。帰宅直後はついつい疲れて開けっ放しにしたくなるかもしれませんが、必ず施錠を行いましょう。夏場なども女性の一人暮らしの場合は窓を開けない方がいいでしょう。エアコンで室内調整をして、空気の循環のためだけに少し窓を開けるくらいにした方が防犯対策としては良いでしょう。また、外出する際も必ず窓やドアの施錠を忘れずに行ってください。

名前がわかる表札は出さない

女性の一人暮らしは表札を出さない

また表札は出さない方が無難です。フルネームを出していると女性の一人暮らしがバレてしまいます。また、可愛らしい表札も女性の一人暮らしがバレる可能性があるのでNGです。せめて出すならば、苗字だけの表札にしましょう。他の住民と同じような表札の方が目立ちにくく、女性の一人暮らしがバレにくいでしょう。

ベランダに洗濯機を置かない・なるべく部屋干し

女性の一人暮らしは洗濯機を室内に置く

また、ベランダに洗濯機を置かないようにしましょう。洗濯する姿を相手に見せてしまうことで、女性の一人暮らしがバレてしまいます。また洗濯物はなるべく部屋干しもしくは乾燥機で室内で乾かす方が良いです。なるべく女性が洗濯物を干している姿を外から見られない方が防犯対策として無難でしょう。洗濯する姿で、女性が一人暮らしか判断している可能性もあります。なるべく洗濯は部屋で済ませるようにしましょう。もし、室外で干したい場合は下着などは見えない場所で干すことです。一人暮らしだとバレないように洗濯をしましょう。

カーテンの色にも気をつける

女性の一人暮らしはカーテンの色にも気をつける

意外と見落としがちなのがカーテンの色です。カーテンの色や柄から、可愛らしいものだと女性の一人暮らしがバレてしまうことがあります。カーテンの色はなるべく地味で男性が使ってそうなカーテンを選びましょう。どうしてもお洒落な可愛いカーテンが欲しい場合は、外に見えるカーテンを地味にして、室内から見えるカーテンを自分好みにして、カーテンを二重構造にすることです。

近所周りの挨拶は慎重に

女性の一人暮らしは引っ越しの挨拶も注意

また、引っ越しした際はよく近所周りへの挨拶をするかもしれませんが、女性の一人暮らしの場合は近所への引っ越し挨拶も慎重にした方がいいでしょう。近隣に怪しい人が住んでいないとは限りません。むやみに挨拶回りをするのは避けた方が良さそうです。もし挨拶するならば、近隣の人の良さそうなおばさんなど見かけたときに挨拶しましょう。無理に挨拶しなくてもいいですが、防犯対策として近隣の人とコミュニケーションを取っておくことは重要でもあります。怪しくなさそうならば、積極的に挨拶してコミュニケーションを取っておくのも良いでしょう。

エレベーターには知らない異性と2人で乗るのは避ける

女性の一人暮らしはエレベーターも注意

エレベーターに乗るときも注意が必要です。エレベータは見ず知らずの異性と二人で乗るのは避けましょう。エレベーターの中では襲われても逃げることができません。変質者の場合は、二人きりになるとエレベーター内でも襲ってくる可能性があります。もし、知らない男性と二人きりでエレベーターに乗りそうになったら、乗らずに次のエレベーターを待ちましょう。

家の出入りも注意する

女性の一人暮らしは出入り口も注意

また、女性の一人暮らしは部屋の出入りも注意する必要があります。いつ相手が襲ってくるかわかりませんので、帰宅する際も怪しい人が後をついてきていないか注意しましょう。あとは、家に誰もいなくても「ただいま」と言って家に入れば、誰かが一緒に住んでいると思われることができます。家の出入りは怪しい人が見張っている可能性もあるので、十分注意しましょう。

夜に音楽を聴いて歩かない

女性の一人暮らしは音楽を聴きながら帰らない

また、夜に帰宅する際も音楽など聴きながら歩かないことです。犯人は後ろをつけているかもしれません。音楽を聴いていたら気配を感じることができません。

酔っ払って千鳥足で女性は帰らない

酔っ払って千鳥足で帰ることも避けなければいけません。隙を見せているといつ襲われるかわかりません。油断することなく、警戒心も持ちながら帰宅するようにしましょう。

玄関・ポストまわり

一人暮らしの女性は郵便受けに郵便物を貯めない

また、玄関やポストには、郵便物を貯めておかないことです。ポストに郵便物を貯めておくことで、不在であることがバレてしまいます。窃盗犯は居住者のポストにチラシがたまっていないかなども見ています。泥棒に狙われないためにも、新聞や郵便物は貯めておかないようにしましょう。

ポスト・郵便受けは必ず鍵をかける

郵便ポストにはしっかり鍵をかける

またポストや郵便受けには必ず鍵をかけるようにしましょう。犯人は郵便物からどのような人が住んでいるのかを把握することがあります。特に郵便物はフルネームが記載されているので、女性の一人暮らしがバレやすいのです。郵便物を見られないためにも、必ず郵便受けには鍵をかけておきましょう。

窓まわり

一人暮らしの女性は出窓に可愛いものを置かない

窓の周りにも注意を払う必要があります。出窓などは外からも見えやすく、窓にぬいぐるみや可愛らしい小物を置いていると、一人暮らしの女性を連想させてしまいます。安易に外から見える場所に、女性らしいものを置いておかないようにしましょう。犯罪者から狙われやすくなります。

在宅時間や日時を特定されないようにする

一人暮らしの女性は防犯対策で時間帯がバレないようにする

泥棒に狙われないためにも、在宅時間や日時を特定されないようにするのも大切です。週に何日かは、家のテレビや照明をつけたまま外出したり、タイマー機能を使って帰宅時間よりも早い時間に電灯が灯るようにするのも防犯対策になります。泥棒にいつ不在にしているのかわからないように工夫しましょう。

ドアは簡単に開けない

訪問者が来てもドアを簡単に開けないことです。必ずインターホン越しに対応しましょう。また、インターホンが鳴っても不必要に出ないようにしましょう。訪問販売を装って犯罪者はベルを鳴らしてくることも考えられます。ドアは簡単に開けないようにしましょう。開ける際もチェーンなどをつけて訪問者を確かめてから開けるようにしましょう。

ドアスコープ(覗き窓)を塞ぐ

一人暮らしの女性は防犯対策でドアスコープに蓋をする

また、ドアスコープは室内が見えないように蓋をしましょう。専用器具を使えばドアスコープから室内が見えてしまいます。外から見させないためにも、ドアスコープに蓋をしましょう。また、宅配が来ても室内が見えないように玄関と室内の間に暖簾をかけておくのもいいでしょう。部外者からはなるべく室内を見させないように工夫することも大切です。

通帳や印鑑をまとめて保管しない

一人暮らしの女性は通帳や印鑑を分けて保管する

通帳や印鑑などはまとめて保管してしまいがちですが、これも分けて隠しておいた方が、もし泥棒に入られても盗まれない可能性があります。万が一のことを考えて、通帳や印鑑はまとめて保管せずに、それぞれ別々にして保管しておくようにしましょう。

SNSで個人情報を流出しない

一人暮らしの女性はむやみにSNS投稿しない

若い人こそ注意しなければいけないのが、SNSでの投稿です。普段の私生活をInstagramやFacebookなどで投稿している女性もよく見ます。しかし、こういう行為は不審者から日々の生活を連想させ、一人暮らしで生活していることがバレる可能性があります。また写真などから住所も特定される可能性があるので、SNSで個人情報を流出させないようにしましょう。安易にネット上に自分の画像を載せないことです。ネットでは誰でも自分の画像が見れてしまう怖さがあることを知っておきましょう。

女性の一人暮らしの防犯対策グッツ

一人暮らしの女性にオススメな防犯グッツ

以上が女性の一人暮らしの防犯対策についてですが、ここからは女性の一人暮らしの防犯対策グッツをご紹介します。防犯対策グッツは安価なものもあり、自分で簡単に設置できるものもあるのでぜひ参考にしてみてください。

ガラス用防犯フィルム

まずは、ガラス用防犯フィルムです。防犯フィルムを貼ることで、ガラスが破られにくくなります。泥棒は時間がかかる侵入を嫌います。防犯ガラスがあることで、だいぶ犯罪の抑止力になるのです。フィルムはなるべく上記のような厚いものを選ぶとガラスが破られにくくなります。

窓用防犯アラーム

窓用防犯アラームも効果的です。泥棒は音も嫌がります。防犯アラームが付いていると侵入することができないので、相当な犯罪防止対策になります。気になる窓には上記のような防犯アラームをつけておくと良いでしょう。

盗聴・盗撮機発見センサー

女性の一人暮らしを狙った盗聴器・盗撮被害もあります。自宅に盗聴器が仕掛けられていないとは限りません。誰も入ったことがない部屋でも盗聴器が仕掛けられていることもあり得るのです。防犯対策を万全にしたい女性は上記のような盗聴器・盗撮器発見装置で調べてみるのもありでしょう。

屋外用センサーライト

屋外からの侵入を防ぐためにセンサーライトの設置も有効です。犯罪者は目立つ場所を嫌います。薄暗いところなどあれば、屋外用センサーライトで警戒していきましょう。上記のような電源が入らないソーラータイプのものや、長持ちするLED搭載のセンサーライトもあります。

玄関用補助錠

防犯対策として玄関用補助錠をつけておくことも有効です。玄関を二重ロックにしておけば、より泥棒に入られにくくなります。

窓サッシ用補助ロック

窓やサッシもぜひとも補助ロックをかけておきたいところです。窓やサッシから泥棒が入るケースは多いです。窓に防犯ロックをかけておくだけでも、だいぶ犯罪防止効果につながるでしょう。

防犯ステッカー

防犯ステッカーを貼っておくだけでも、犯罪抑止力につながるでしょう。セキュリティ会社が入っていることを不審者に匂わすだけでも、泥棒を諦める傾向にあります。

防犯ブザー・催涙スプレー

万が一犯人に遭遇してしまった場合、無防備だと襲われる可能性があります。特に相手が女性の場合は、犯人も強気に出てくる可能性があるので、最低限の犯罪対策グッツを持っていくことも大切でしょう。上記のような防犯ブザーの他に、催涙スプレーなど、犯人と遭遇したくないものですが、万が一のためにも命を守るためにも護身用に持っておくことは大切です。

男物下着

男性用の下着を外に干しておくだけでも、変質者に警戒心を持たせることができます。外から見える場所に男性ものの衣類が干していないと狙われやすいものです。女性の一人暮らしを連想させないために、ダミーで男性ものの下着を吊るしておくことも重要でしょう。

ホームセキュリティMivaTekでスマホ防犯管理ホームセキュリティMivaTekスマホで泥棒撃退

女性の一人暮らしの防犯対策で選ぶべき物件のポイント

一人暮らし女性物件選びポイント

女性の一人暮らしに効果的な防犯グッツについてお話ししてきましたが、ここからは女性の一人暮らしの防犯対策で選ぶべき物件のポイントについてお話ししていきます。

オートロック付き

女性一人暮らしはオートロック物件

まず、やはりオートロック付きのマンションなどの方が、防犯対策としての効果は強いと言われています。誰でも入れるとその分リスクもあるのです。ただ、オートロックでも必ずしも防犯対策として万全とは言い切れません。なぜなら、他の住人が友人などに鍵番号を教えてしまうと誰でも入ることができてしまうからです。また、勧誘などでも他の住民が開けてしまうと建物内に自由に入ることができ、他の部屋にも簡単に勧誘等ができてしまうので、オートロック付きでも必ずしも防犯対策がバッチリというわけではないのです。

鍵はワンドア・ツーロックが基本!

ドアロックがしっかりした女性一人暮らし物件

これは必ずしも物件選びだけの話ではありませんが、やはり鍵はワンドア・ツーロックが基本になります。鍵は一つよりも二つの方が、断然防犯対策になるのです。物件選びでも、玄関や窓の鍵がどのような構造になっているのかチェックしてみるといいでしょう。

プロの鍵防犯グッツプロの鍵交換防犯空き巣防止対策

警報機・監視カメラ付きの物件

監視カメラがある物件

あとは、警報機や防犯カメラ、監視カメラ付きの物件を選ぶことも大切です。これらがあるだけで、犯罪抑止力にもつながります。セキュリティが万全な物件なのか重要なポイントです。

1階、2階の部屋は避ける

女性一人暮らし物件は1階2階は避ける

女性の一人暮らしならば、1階や2階の物件は避けた方がいいでしょう。地上から近い部屋は泥棒などが簡単によじのぼれてしまいます。簡単に部屋に入らせないためにも、1階2階の部屋は避けた方がいいでしょう。

周辺環境(明るい・人通りが多い・長時間営業の店がある)

周辺環境にも気をつけたいところです。家の目の前が明るい、人通りが多いなどであれば人目につきやすく犯罪防止にもつながります。また近くに長時間営業のお店があれば、万が一のときに助けを呼ぶことも可能です。とにかく、女性が一人で住むならば、明るい通りに面した建物の方がいいでしょう。

携帯スマホで不動産探し女性一人暮らしスマホで不動産探し物件見学可能

治安がいい(不審者や事件が少ない)

また、治安が良いこともとても重要な要素です。どんなに住みやすくても周囲が治安の悪い地域だと、犯罪に巻き壊れる可能性が高いです。女性の一人暮らしの場合は特に治安が良い、事件の少ない地域に住むようにしましょう。

大家・管理人が近くに住んでいる

女性一人暮らし物件は大家さんが近くに住んでいるか

また、近くに大家さんや管理人が住んでいることも大切です。一人暮らしの女性は近くに相談相手がいない場合も少なくないでしょう。そんな時に、近くに大家さんや管理人がいるだけで強い味方になります。防犯対策のためにも、近くに大家さんなどいる物件を選ぶといいでしょう。

建物の立地や形状

女性一人暮らし物件は立地条件も大切

住まいがどのような立地になっているかも確認するべき点です。外から部屋の中が見えやすくないか確認してみましょう。近くに高台や高い建物などあると、簡単に部屋が見えてしまう可能性があります。建物がどういう作りになっているのか、防犯対策効果はありそうか確認してみましょう。

東京6万円以下で物件が見つかる女性東京一人暮らし

宅配ボックス付き

女性一人暮らし物件は宅配ボックスがあるか

訪問販売や配達員と顔を合わせないためにも、宅配ボックス付きの物件に住むことも一つの方法です。宅配ボックスを利用すれば、配達員と顔を合わす心配も無くなります。また、いつでも好きな時に宅配物を確認できるので、面倒くさいやりとりをせずに済み大変便利です。宅配ボックスは配達員も再配達する労力をかける必要がないので、人気なアイテムです。自宅では誰とも顔を合わせたくないならば、宅配ボックス付きの物件を探してみるといいでしょう。

TVモニター付きインターホン

女性一人暮らし物件探しはインターホンテレビ付き

インターホンはテレビモニター付きがいいでしょう。カラー画面だと相手の顔をより鮮明に分かることができます。声だけだと不審者か判断しにくいものです。できたら、TVモニター付きインターホンがある物件を選んだ方が良いでしょう。

シャッター・雨戸付き

女性一人暮らしシャッター付き物件を選ぶ

窓からの侵入防止のためにもシャッターや雨戸付きの物件を選んだ方がいいでしょう。雨戸などあることで、犯罪の抑止力としての効果が見込めます。ただし、雨戸やシャッターに頼りすぎると逆に泥棒に狙われやすくなるので注意してください。

駅やバス停から近い

近くに駅がある物件か

駅やバス停から自宅が近いことも大切です。これらが近くにあることで、人通りも多くなり、犯罪防止効果もあります。人が多いところだと人目につきやすいので、なかなか不審者も犯行しにくい傾向にあります。また、駅から近い方が女性としても夜道を歩く時間を短縮できるので、安心して帰宅できるでしょう。交通手段は自宅近くに多くある方がいいでしょう。

外から部屋の様子がわからない部屋

女性の一人暮らしは外からの目線に注意

一人暮らしの部屋を選ぶときは、外から部屋の様子がわからないような部屋を選びましょう。部屋の構造にもよると思いますが、すぐに見えてしまうような部屋は避けるべきです。あまり窓も多すぎず、かといって狭く感じることがない部屋が理想的です。角部屋だと逆に目立ってしまう可能性もあるので注意してください。外から部屋が丸見えではないか、よく確認しておきましょう。

死角や隠れる場所、侵入しやすそうな場所がないか

近隣にどんな人が住んでいるか

家の周りのデッドスペースにも注意しましょう。外から見えないような死角や隠れる場所がないか、また侵入しやすそうな場所がないかよく確認しておきましょう。そのような場所は泥棒や変質者に利用されやすい場所とも言えます。隠れられるスペースはなるべくないような建物が理想的です。

共有スペースにタバコの吸殻が落ちていないか

共有スペースにタバコ吸殻が落ちてないか

共有スペースにタバコの吸殻などないかチェックしてください。もし、タバコの吸殻など落ちている場合は、マナーの悪い住民が近くに住んでいる可能性があります。また、不良のたまり場になっている可能性もあるのです。タバコの吸殻などが多数落ちている物件は注意する必要があるでしょう。

周辺にゴミは散乱していないか

また、周辺にチラシやゴミが散乱していないかも重要です。ゴミなどが散乱していると管理が行き届いてない可能性があります。そうなると管理不行き届きで犯罪が起こる可能性もあるので、注意が必要です。やはり汚いよりも清潔な物件の方が犯罪は起こりにくい傾向にあります。

屋内にゴミ捨て場があるか

女性一人暮らし物件は屋内にゴミ置場があるか

できたら屋内にごみ捨て場がある物件が理想的です。性犯罪者は被害者のゴミを採取していることもあります。ゴミを捨てるところを外部の人間に見られないためにも、屋内にごみ捨て場があることが理想的です。女性の一人暮らしではゴミを出すときも注意が必要なのです。

周辺施設のデメリット

周辺状況で治安は変わる

また周辺施設のデメリットもあります。例えば、自宅近くに女子校がある場合は、女子生徒を狙った変質者もでやすく、犯罪が起こりやすいエリアとも言えるのです。そのような地域では夜間歩くのも注意が必要になるでしょう。また、公園が近くにある場合も昼間は良いかもしれませんが、夜になると人気が極端に少なくなるので危険です。風俗街やキャバクラ街などのピンク街が近くにある住宅も犯罪が起こるリスクがあります。なので、周辺施設にも気にしながら住宅選びを行う必要があるでしょう。

昼と夜の雰囲気を確認

女性の一人暮らし物件は昼夜で確認

住宅は昼と夜で雰囲気が全く変わります。昼は人通りがある場所でも、夜になると一気に人通りがなく薄暗い通りになることもよくあることなのです。なので、一人暮らしをする女性はぜひ建物の昼と夜の雰囲気を確かめておきましょう。夜もある程度人通りがある建物ならば防犯対策にもなります。逆に夜になると一気に人通りがなく、怖い雰囲気がするならば、その物件は避けた方がいいかもしれません。

どんな人が近所に住んでいるか

周りにどんな人が住んでいるか

また、どんな人が近所に住んでいるのかも重要なポイントです。近隣に変質者が住んでいないかよく見てみましょう。ご近所の人がいたら、近隣の様子について聞いてみるのも効果的です。今は、近隣トラブルも増えているので、よく確認しておく必要があるでしょう。怪しい業界の人が近所に住んでいないかどうかも重要なポイントでしょう。

ホームセキュリティ付き

女性一人暮らし物件はホームセキュリティあり

あとはやはりホームセキュリティがある建物の方が安心感は大きいです。全く防犯対策していない建物よりもセキュリティ面が強化されている物件の方が泥棒も入りづらい傾向にあります。また、守ってくれている安心感もあるので、ホームセキュリティ付きの物件を選ぶといいでしょう。

女性の一人暮らしで引っ越し依頼する際のポイント

女性一人暮らしが引っ越すポイント注意点

女性が一人暮らしをする場合は、引っ越し依頼も頭を悩ます問題でもあります。女性が一人暮らしで引っ越しをする際に、どのような点に気をつけるべきなのか、詳しく見ていきましょう。

女性スタッフが見積もりや作業をしてくれる引越し業者を選ぶ

やはり、女性が一人暮らしの引っ越しをする場合は、なるべく男性には部屋を見られたくないものです。なので、女性スタッフが見積もりや作業をする引っ越し業者に依頼するといいでしょう。引っ越し業者によっては女性だけで作業してくれる業者もあります。異性に部屋を見られることが心配な女性は女性スタッフが見積もりや引っ越し作業をしてくれる業者に依頼してみましょう。

一人暮らし女性オススメインテリア一人暮らし女性オススメインテリア

一人暮らし専用インテリア一人暮らし女性家具

下着などの見られたくない荷物は厳重に梱包する

女性の引っ越しは下着管理する

女性スタッフが引っ越し作業をしてくれるとしても、下着などは見られたくないものです。なので、下着など見られたくないものの荷物は厳重に梱包しておいて引っ越し依頼を行いましょう。

一人暮らし女性専用小型ベッド一人暮らし女性に最適ベッド

女性引っ越し見積もり比較女性一人暮らし見積もり

女性の一人暮らしは防犯対策をしっかり行う

以上のように女性の一人暮らしについてお話ししてきました。女性の一人暮らしは特に狙われやすいので、しっかり自分ができることを対策していきましょう。少しの予防策で犯罪リスクがだいぶ下がりますので、ぜひ積極的に防犯対策を行ってみてください。また、信頼おける人、近隣の住民ともコミュニケーションをとり、つながりを作っておくことも大切です。