雨戸シェルターは防犯対策効果はあるのか

雨戸やシャッターに防犯効果があるのか疑問に思う人もいるでしょう。そこで、今回は雨戸やシャッターに防犯対策としての効果があるのか詳しく見ていきたいと思います。

雨戸を閉めるのは防犯効果もあるけれども…

雨戸は確かにある程度防犯対策はあるが

まず、雨戸ですが確かに防犯対策効果はあるとも言えます。例えば寝静まった深夜など、雨戸があることで不審者の侵入を防ぐことができます。また、雨や台風など自然災害から守ってくれる役割もあるでしょう。これはルーパー雨戸にも同じようなことが言えますが、ルーパー雨戸はさらに風通しも良くしてくれます。このように雨戸は防犯対策としての機能もありますが、しかし防犯に万全だと過信してはいけないのです。

雨戸は防犯対策があるのか

留守のときは雨戸を閉めない方が良いことも

雨戸の締めっぱなしは逆に狙われる

なぜなら、雨戸は壊そうと思えば壊すこともできますし、また日中も雨戸を閉め切っていると泥棒に留守であることを伝えてしまうのです。よく雨戸を閉めてから外出した方がいいと言われたりもしますが、これは逆効果になる可能性が高いです。雨戸を閉めていることで、泥棒に不在であることを知らせてしまいますし、また泥棒が家の中に侵入しても、雨戸が閉まっているせいで外から不審者がいることを誰も確認できないのです。なので、家を不在にしているときは、逆に雨戸を開けていた方がいいとも言われています。こうすることで室内を外からも確認でき、泥棒が入りにくくなります。泥棒は見通しの良い場所を嫌うのです。

雨戸は開けていく方が防犯対策になる

網戸も防犯効果があるとは言えない

防犯カメラを設置する

また網戸も防犯対策があるとは言えません。むしろ網戸は、雨戸よりも強度が弱いので、さらに侵入されやすくなります。確かに網戸は風通しが良く、夏場などは網戸だけで過ごすこともありがちですが、網戸だけだと防犯対策の効果があるとは言えません。どうしても網戸だけで過ごしたい場合は、海外のようにスチール製の金網のような防犯網戸を使用するといいでしょう。ただ、外出時はそれだけだと防犯対策として不十分です。

シャッターも必ずしも防犯効果があるとは言えない

シャッター防犯効果があるか

その他に、防犯対策としてシャッターが挙げられますが、シャッターも防犯対策が万全とは言えません。就寝中はシャッターを下ろすのも良いでしょうが、不在中もずっとシャッターを下ろしていると、これも泥棒に不在であることを教えてしまうのです。なので、シャッターを下ろしていれば安全とは限らないのです。ただし、シャッターは窓ガラスの結露対策には効果的と言われています。

自動シャッタータイマー付きを導入する

タイマー付き電動シャッターが防犯対策に有効

タイマー付き自動シャッターがオススメ

もしシャッターを使うならば、タイマー付きの電動シャッターを使うといいでしょう。これを使えば、タイマーで自動的にシャッターの開け閉めが可能です。これにより人が自宅にいるように思わせることができるでしょう。値段は高いですが、興味ある人は購入を検討してみるのも良さそうです。

シャッターは4〜5万円ほどします。設置となると工賃込みで10万円ほどはするでしょう。ただ、これは普通のシャッターの値段なので、自動となるとさらに工賃込みのシャッター代は高くなるでしょう。しかし、防犯効果はあるので、もし予算的に余裕があるのであれば、タイマー付きの電動シャッターは検討すべきでしょう。

補助鍵・防犯ロックを窓に使う

あとは、やはり雨戸やシャッターだけでなく、窓に補助鍵や防犯ロックを使うのが防犯には有効です。窓の上下に補助鍵をつけましょう。そうすれば、簡単には泥棒に窓から侵入されません。泥棒は時間がかかる侵入を嫌います。窓の補助鍵がしてあれば、まず簡単に侵入できないので、それだけで窃盗を諦める可能性が高いです。ぜひ窓には、補助鍵や防犯ロックをつけましょう。

防犯用に窓ガラスを修理する

防犯フィルムを窓に貼る

防犯フィルムで泥棒対策

また、窓に防犯フィルムを貼ることも有効です。防犯フィルムを窓に貼ることで、窓ガラスを割れにくくします。これが、空き巣被害対策に有効なのです。窓には、補助鍵以外にも防犯フィルムを貼るといいでしょう。

センサーライトの設置

センサーライト設置防犯対策

その他にセンサーライトを設置することも有効です。泥棒は光も嫌います。なるべく自分が目立ちたくないので、光を当たるのを嫌うのです。家の裏側など、暗がりになりやすいところには、センサーライトを設置すると良いでしょう。

防犯ブザーを付ける

また、泥棒は音にも敏感です。防犯ブザーをつけていれば、より防犯対策の効果にもなるでしょう。音がするのを泥棒は嫌うために、防犯ブザーの設置はぜひ検討するといいでしょう。

ホームセキュリティMivaTekでスマホ防犯管理ホームセキュリティMivaTekスマホで泥棒撃退

防犯カメラを設置する

防犯カメラ設置する

あとは、やはり防犯カメラの設置です。防犯カメラがあると、泥棒は窃盗を断念する傾向にあります。家の裏庭や塀で外から見えない箇所など、防犯カメラで侵入を警戒するといいでしょう。防犯対策の効果が見込めます。