いらなくなった教科書・参考書をメルカリで売ろうと思っているひとも少なくないと思います。

でも、メルカリを使わずとも、メルカリよりも高く売れる可能性があります。

今回はその方法について、詳しく伝えていきたいと思います。

メルカリは人気だけれども送料がネック

メルカリは人気だけれども送料がネック

メルカリは、最近多くのひとが利用しているので、教科書や参考書も売りやすいと考えているひとも少なくないでしょう。

確かに、ものによっては例え使い古された本であっても、売れる可能性は十分にあります。

ただし、メルカリでネックなのは、送料なんです。

たとえば、着払いで教科書や参考書を出品すると、購入希望者は送料が気になり、なかなか購入しないのです。

なので、送料込みで出品するとなると、今度はせっかく売れても送料がかかってしまうため、あまり利益が得られない可能性があります。

特に本は重量もあるため、送料も高くなってしまうのです。

連絡のやり取りが面倒

また、購入希望者によっては、書き込みがあるか、紙焼けはどのくらいあるか、など細かく質問を受ける場合もあります。

送料なのであまり利益が見込めないのにもかかわらず、そのような連絡のやり取りを行うのは、時間も取られますし、大変面倒なことです。

なかには、いろいろ質問に答えても、結局購入されないケースもあります。

メルカリで売るとなると、このような手間がかかることが多いのです。

発送作業も面倒

また、購入連絡があってから、発送手続きをするのも大変だと思います。

いちいち重たい本を、最寄りの郵便局やコンビニまで持っていかなくてはいけないので、結構作業に時間や労力を取られて、苦労するんですよね。

だからこそ教科書・参考書専門の買取サイトがおすすめ!

だからこそ教科書・参考書専門の買取サイトがおすすめ!

だからこそ、教科書や参考書を売るならば、専門の買取サイトがおすすめなのです。

実は、ネット上には教科書や参考書を専門に扱う買取サイトがあるので、そういうサイトにいらなくなった教科書などを売れば良いのです。

専門サイトならば、送料はかからない!

しかも、そういう専門サイトで売ると、送料は向こう持ちなので、買取金額をそのまま手にすることができます。

また、教科書などを専門に扱うため、買取金額も普通の古本屋で売るよりも、全然高く売れることもあるのです。

さらに、本を先方に送っても買取金額に不安があれば、無料で本を返送してもらえるサイトもあります。

手間もかからない!

しかも、買取サイトによっては、無料で本を詰める段ボールを送ってくれるサイトもあるので、自分で段ボールを用意する必要がありません。

さらに、自分で郵便局まで持っていく必要もなく、引き取りに来てくれるので、重たい本を運ぶ必要もなく、大変楽に本を売ることができるのです。

書き込みがあっても売れることも!

さらに、教科書には書き込みがあるものも多いと思いますが、そういう本でも売れる可能性があります。

普通は書き込みがあると、買取対象にならないこともありますが、教科書や参考書専門買取サイトならば、たとえ書き込みがある本でも、きちんと評価してもらえることもあるのです。

ですから、メルカリで売るのもいいのですが、手間なく高く売りたいならば、専門買取サイトに依頼するのも良いと思いますよ!

下記でも、おすすめの専門買取サイトを紹介しているので、興味有る方はぜひチェックしてみると良いでしょう!