部屋を掃除していると、いらなくなった教科書・参考書が出てきて、どうしようか困る方もいると思います。

そこで今回は、「教科書や参考書どうしよう」と悩んでいる方に、おすすめの処分方法をお伝えしたいと思います!

使わない教科書や参考書どうするのか

使わない教科書や参考書どうするのか

それでは早速ですが、使わない教科書や参考書の処分方法・リサイクル方法について詳しく説明していきましょう!

単純に捨てる

まずは、単純に捨てる方法です。

自治体によっては古紙回収日もあると思うので、そのような日に不要な教科書を捨てるということです。

ただ、単純に捨ててしまうのは、なんだか勿体無いですよね。

そこで、他の方法について見ていきたいと思います。

友人・知人に譲る

友人・知人に譲る

捨てる以外のその他の方法として、友人・知人に譲る方法があります。

これならば、不要な教科書を再利用できるので良いとは思いますが、ただ必ずしも古い教科書を欲しいと思うひとがいるとは限らないことです。

あまり周りに古い教科書や参考書が欲しいという方はいないのではないでしょうか。

そうなると、なかなか教科書・参考書が処分できません。

近くの古本屋に売る

近くの古本屋に売る

他の方法としては、近くの古本屋に売る方法もあります。

これならば、すぐに教科書・参考書を処分できるので良いかもしれませんが、実はよくある古本屋ではたいした金額になりません。

そもそも教科書などの専門書の買取はあまり得意としていないこともあり、また書き込みなどあると買取対象になっていないこともあるので、なかなか良い値段で売ることができないのです。

たとえ売れたとしても、一冊10円レベルの値段がつくこともあります。

これだと、わざわざ重たい本を持って行き、売っても意味がないでしょう。

ネットオークションやフリマで売る

その他には、ネットオークションやフリマで売る方法もあります。

これだと、ときには良い値段で売れるかもしれませんが、いつ売れるかはわかりません。

また、オークションやフリマに出す場合は、いちいち出品手続きをしなければいけませんし、手数料が発生するので売れてもたいした金額にならないことがあります。

また、いつ売れるかもわからず、いつまでも教科書を部屋に保管しておかなければいけないこともあるので、非常に手間がかかり面倒なのです。

一番オススメは、教科書専門買取サイト!

一番オススメは、教科書専門買取サイト!

そこで一番おすすめなのは、教科書専門の買取サイトに依頼することです。

このような専門サイトでは、積極的に教科書・参考書などを買取しています。

また、このような専門サイトだと、たとえ書き込みがある本でも買取対象になることがあります。

教科書や専門書を多く扱うため、販売ルートも多く確保しており、高く買取される可能性は十分にあるのです。

また、買取方法も自宅から無料宅配で送るだけで買取してもらえるので、非常に簡単で楽なのです。

教科書や参考書を専門に扱うので、相場金額も把握しているので、普通に他で売るよりも、良い値段で売れる可能性は十分にあります。

もし、教科書や参考書をどうしようか迷っている方は、教科書専門買取サイトに相談してみると良いでしょう!

下記でおすすめの専門サイトを紹介しているので、興味がある方はぜひチェックしてみると良いでしょう!