会社から嫌がらせを受けて苦しんでいるひとも少なくありません。普通では考えられないような、想像を絶する嫌がらせを受けているひともいます。無視や罵倒をされたり、暴力を振るわれることもあります。

上司・同僚からの嫌がらせに耐えて仕事すべきなのか

会社からの嫌がらせに耐えるべきなのか

人間関係に悩まされることは少なくありません。気の合うひとがいれば、当然、気の合わないひともいます。学校ならば、関わらなければ済むのですが、会社となるとそうはいきません。無理にでも仕事なので関わらないといけなくなってきます。

しかし、嫌がらせを我慢してまで仕事をするべきなのかは、よく考える必要があるでしょう。

会社の嫌がらせは突然始まる

会社の嫌がらせは突然始まる

会社の嫌がらせは突然始まる場合が多いです。ちょっとした仕事のミス、ちょっとした誤解から、嫌がらせをされます。それまでは、普通に話していたのに、今までが嘘のように、嫌がらせをしてくるひとがいるのです。まるで、悪魔に取り憑かれたような、この世のものとは思えないような、恐ろしい存在になります。

たくさんの未熟な大人達

世の中にたくさんいる未熟な大人達

ひとは、学校できちんとした教育を受けて、親からも指導を得て、立派な大人になるはずです。しかし、残念ながら、尊敬されるような立派な大人に育つひとは、ごく稀です。ほとんどが未完成の未熟な大人に育ちます。だから、心が歪み、妬みやいじめ、嫌味などを言ってくる大人が多いのです。大人になりきれない子供のままの大人が、社会にはたくさんいるので、平気でひとを傷つけてきます。相手の気持ちなど全く考えず、自分の考えが正しいと思い込み、強引なまでに自分の感情をぶつけてくるのです。

心の優しい、弱い立場の人間が傷つけられていく

傷つけられる弱い立場の人たち

社会は所詮、弱肉強食です。強い人間が淘汰していきます。なので、心優しい、弱い立場の人間は傷つけられてしまうのです。立場が上のひとに、理不尽なことや嫌がらせをさせられて、嫌な思いをするひとは、たくさんいるのです。

嫌がらせされたら、まず上司に相談する

嫌がらせをされたら上司へ相談

では、会社で嫌がらせをされたらどうすればよいのか、まずは上司に相談することです。同僚に嫌がらせをされたら上司に相談しましょう。上司に嫌がらせをされたら、さらに上の上司や人事に相談してください。まずは、相談することです。理解ある人間ならば、手助けしてくれるし、解決してくれます。実際に困っていることがあったら、まずは相談してみてください。

上司が嫌がらせに取り合ってくれない場合もある

上司が嫌がらせに取り合ってくれない

ただ、どんなに相談しても上司が嫌がらせに取り合ってくれない場合があります。立場が上の人たちも、我が身が可愛いのです。自分のこと、自分の昇進、自分の給料のことしか考えていないひとも残念ながら少なくありません。どんなに相談しても、見て見ぬふりをして、平気でときが過ぎ去るのを見ている、大事な人材を見殺しにするひとも、たくさんいるのです。そのような、ひとや組織に助けを求めても意味はありません。

あとは、自分の身を滅ぼすか、その会社を辞めるしかないでしょう。残念ながら、何も解決してくれない、時が過ぎるのを待つだけの未熟な大人たちは、とても多いです。そのような大人達は、自分がデキているかというに振る舞いますが、結局のところは自分のことしか考えていません。あなたが苦しもうが、関係ないのです。だから、この世の中は弱肉強食であり、弱い立場の人たちが傷つけられてしまうのです。

嫌がらせの仕返しを考えるのは時間の無駄

会社から嫌がらせを受ける

会社の人間から嫌がらせを受けることは相当辛いことです。精神的にもこたえるものがあります。鬱にもなります。病気にもなります。激しい怒りや憎しみが生まれます。ひとを殺したいとも思うかもしれません。どうやって同じような苦しみを味あわせてやろうかとも考えるかもしれません。

しかし、嫌がらせの仕返しをしたところで、それは時間の無駄です。嫌がらせの仕返しをしても、何も解決しません。仕返しを考える時間や労力は他に使った方がいいです。仕返ししようとすると、結局は自分のそのような低俗な人間になってしまいます。相手に構わないことです。

そして、この苦しみを次のひとがしないように守ってあげることです。誰も守ってくれなかったら、次は誰かのために守ってあげることです。仕返しに集中するよりも、守ってあげるパワーに集中した方が、よほどために行動です。暴力を暴力で返すのでなく、傷ついた経験を糧に、ひとを守ってあげる存在になりましょう。

嫌がらせに耐えることが人生のすべてなのか

嫌がらせに耐えるべきなのか

今現在、会社から嫌がらせを受けているひとは、本当に耐えるべきなのか、よく考えた方がいいです。日本人は、昔から耐えることが美徳と見る傾向にあります。石の上にも三年、しかし、本当に苦しい状況で耐えていたら、身を滅ぼしてしまいます。価値観はひとそれぞれ違うのです。そこで耐えることが得策とは限りません。

自分の精神や体を犠牲にしてまで耐えることが良いのか、鬱になり自殺に追い込まれるまで耐える人生が悔いのない人生なのか、本気で考えることです。そういう考えをすると、必ず子供も、いじめを受けた時に耐えて親に言えない状況に陥るでしょう。状況を改善させることもできず、命を絶ってしまうかもしれません。それが、本当に人生で必要なことなのか、苦しみを回避できる術はないのか、真剣に考えることです。

誰の利益にもならないことをするな

誰の利益にもならないことをしない

誰の利益にもならないような無理はしないことです。それよりは、もっと実りあること、生産性あることに力を注ぐべきです。あなたの力を必要としている場所は必ずあります。こんなところで、足止めされていては、本当にもったいないです。もっと助けを求めているひとはいます。

今一度、本気で考えましょう。入社したばかりだから、家族がいるから、貯金がないから、と色々考えて退職することをやめているかもしれません。でも、そんな状況にいつまでもいることが、貴重な人生の時間を無駄遣いしており、非常にもったいないことです。また、いつ身が滅ぶかわかりません。奴隷にならないでください。もっと自分らしく生きてください。

もし、会社から嫌がらせを受けてとても辛い状況にいるならば、外の会社を見てみることもオススメします。もう不運の事故にあっただけなのです。次を探した方がいいです。次がどんな場所になるかはわかりませんが、今この状況でいるよりも全然マシです。自分の貴重な人生を無駄にしないためにも、転職先をまずは見ておきましょう。下記のページでオススメの転職サイトを紹介しています。ぜひ見てみてください。